ニュース
» 2005年11月01日 20時12分 公開

128万画素のCMOSでもなかなかの頑張り〜W32H荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ(1/3 ページ)

「W32H」はハイエンド機ながら、カメラスペックを128万画素CMOSに留めた。ただし要はパッと見てきれいな写真が撮れればいい。そうなっているか?

[荻窪圭,ITmedia]

 ひところの“カメラ高機能化競争”は一段落したのか、カシオ計算機やシャープといった一部のカメラ機能重視メーカーを除けば、130万画素前後のCMOSセンサーを搭載した機種がけっこう増えてきた。……と思っていたら、ドコモの902iシリーズは300万画素だとか400万画素だとか手ブレ補正だとか百花繚乱という感じだが(特集記事参照)、ケータイ業界全体としてはカメラの高機能化は収束した感がある。

 かつてに比べると、CMOSセンサーの画質も上がった。その意味では、今回紹介する「W32H」がハイエンド機でありながら128万画素CMOSセンサーを採用したというのも、特に気にすることはないだろう。

Photo カメラとライト、サブディスプレイが縦に並んだデザイン。表面は滑らかでバランスがよく出し入れもしやすい。開くと大きなボタンがずらっと並ぶ(画面は再生モード)

 ただ、画素数は問題ではないけれどもそうではない部分、つまり「発色」だとか「ノイズ」だとか「ダイナミックレンジ」だとか、そういうところはしっかりしていないとハイエンド機の名が泣く。極端な話、本職デジカメじゃないのだからパッと見てきれいな写真が撮れていればいいが、そうなっているか。

Photo 側面にはシャッターボタンなど3つのボタンが並ぶ。ディスプレイに直角にヒンジがついており、開くとこのように本体の後ろに回る感じになる
Photo 外部メモリはここに
Photo ヒンジ部にマクロモードの切替スイッチがある。この位置だと、ディスプレイを開いたとき隠れてしまい切り替えづらいのが難点

人物を撮ってみた

 そんなわけで、画質を見るにはやはり人物が一番。晴れた日を待ち、公園へ行って撮ってみた。

 まずはオートで顔を中心に。髪の毛がうまく解像されてないせいか、背景のほうがくっきり写っているのは残念。

(オートで撮影)

 ちなみに、同じ位置で人物モードを使って撮ったのがこちら。

 そこでもうちょっと離れて撮ってみた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー