連載
» 2005年11月30日 19時22分 公開

韓国携帯事情:ブランド化の時代を迎えた携帯電話 (1/2)

韓国メーカーによるブランド提携が目立つようになってきた。有名ブランドと手を組み、斬新なデザインの携帯電話を発表することは、韓国国外においてよく行われている。

[佐々木朋美,ITmedia]

 LG電子は、世界的に有名なイタリアのファッションデザイナー「Roberto Cavalli」が直接デザインした「U8360」を発表した。Roberto Cavalliが得意としている動物柄をあしらったU8360のデザインは、「Tokyo Black」「Milan Silver」など全部で33種。これを999ユーロ(約13〜14万円)で、999台のみ限定販売している。

 U8360は、既存の機種にRoberto Cavalliのデザインを追加したもので、Hutchison Telecomを通じて、イタリアやイギリス、オーストラリアで販売されている。

LG電子とRoberto Cavalliが手を組んだ「U8360」。130万画素のカメラ、Bluetooth、外部メモリとしてMicro SDを搭載

 こうした有名ブランドとのコラボレーションは決して珍しいことではなく、韓国メーカーでは特にSamsung電子やLG電子がよく行っている手法だ。Samsung電子がデンマークのオーディオメーカとして有名なBang & Olufsenとともに、画面が下、キーが上という新しい発想の携帯電話「Serene」を発表したことは記憶に新しい。

 またSamsung電子の場合、デザイン携帯を発表するだけでなく、有名メーカとともに携帯電話の可能性を提示する実験的な試みも行っている。今年5月、ドイツの自動車メーカ「Audi」との協力で、同社は携帯電話と自動車に内蔵されたスピーカをBluetoothのA2DPで連結。携帯電話で再生されている音楽を、無線によりカーステレオに転送し鑑賞するシステムを披露した。

写真左:Sereneを手にする、Torben Ballegaard Sorensen、Bang & Olufsen CEOと、Kitae Lee Samsung電子社長。写真右:Samsung電子と、ファッションデザイナ「Betsey Johnson」が提携して開発した「SGH-e315」。T-Mobileを通じ今年5月に米国で販売された。価格は250ドル

韓国内では見られないブランド携帯

 ところが韓国国内を見てみると、こうした有名ブランドと手を組んだ手法というのは見られない。先に紹介した「Serene」や「Roberto Cavalli」のデザイン携帯も、韓国内には海外ニュースの1つとして知らされるばかりで、韓国内では販売されず、実際には展示場などでしかお目にかかれないのが現状だ。

 韓国の人々もデザイナーズブランドを好む方だが、なぜ海外のようにデザイン携帯が販売されないのだろうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう