au、シャープ製端末の採用を発表

» 2005年12月21日 14時14分 公開
[杉浦正武,ITmedia]

 KDDIは、シャープが製造する機種をau端末として採用すると発表した。2006年11月までに番号ポータビリティ導入が予定されるが、それまでにはシャープ製携帯を発売する。

 番号ポータビリティの導入でユーザーの流動性が高まる中、これまで以上に魅力ある商品を提供し、幅広いニーズに応えることが必要と判断した。「機能面とデザイン面の双方で定評があるシャープ端末をラインアップに加えることで、au携帯のブランド力を高め、ユーザー満足度の向上を図る」(KDDI)

 12月21日に行われた定例会見で、小野寺正社長は「定評のある美しい液晶と、常に最先端を行くカメラデバイス、独自の優れたデザインなどがシャープ製端末の魅力。シャープの強みと、インフラ、料金、コンテンツといったauの強みを組み合わせることで、商品力を強化できるようになる」と話した。

 auの端末は2004年度に10機種、2005年度には12機種(12月現在)発表されているが、まだ端末ラインアップが足りない、という見解だ。「ラインアップが増えたといっても、ドコモの半分しかない。auの端末は若い世代向けが多く、あとは簡単ケータイなど高齢者向け。その間が抜けている。より広い世代にアピールするためには、今後もっとラインアップを拡充していくことが必要」(au事業本部au商品企画本部長の井上正廣氏)

 何機種が登場するのか、またハイエンド機種になるかローエンド機種になるかなどは不明。「まだ先の話であり、時期の詳細も含め現状明かせることはない」(KDDI広報)。シャープによれば、電子書籍などのコンテンツ提供で提携関係にあったことなどから、今回の端末供給につながった。いつ頃から交渉を開始したかなどは、両社ともノーコメントとしている。

 シャープは、NECやパナソニック モバイルと並んで国内で最大規模の出荷数量を誇る端末製造メーカー(4月21日の記事参照)。これまでドコモ、ボーダフォンに端末供給実績がある。

 KDDIは今年に入り、新たに韓Pantech&Curitelからも端末供給を受けている(8月10日の記事参照)。「我々のやり方に合わせてくれるところとでないと、一緒にやっていくのは難しい。海外でどんなにたくさんの端末を売っているメーカーだとしても、日本のユーザーに受け入れられる端末でなければ、意味がない」(小野寺氏)

 シャープ以外にも端末供給メーカーを増やすかどうかについては「今のところ特に予定はない」(KDDI広報)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月13日 更新
  1. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  2. カラー電子ペーパー搭載「BOOX Go Color 7」で読書体験が超快適に テキスト主体なら文句なし (2024年07月12日)
  3. Suicaがなくてもスマホで乗れる! JR東日本が二次元コード乗車サービス「えきねっとQチケ」を10月1日から運用開始 東北地区から順次拡大 (2024年07月11日)
  4. 進化した「OPPO Reno11 A」が4万円台を維持できたワケ Reno9 Aでガッカリした3つのポイントを重点強化 (2024年07月11日)
  5. 「iPhone 14 Plus」の128GB、Apple Storeより2.5万円安くなる Amazonで10万円以下となるも、悩みのタネ (2024年07月11日)
  6. 折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold6」、日本で7月31日に発売 面倒な作業はAI任せ、先代より薄型かつ軽量に (2024年07月10日)
  7. 約11万円の「Apple Watch」が6万円台に 「AirPods Pro(第2世代)」もお買い得【Amazonプライムデー先行セール】 (2024年07月11日)
  8. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  9. 「Galaxy Tab A9+」が2万円台、「Galaxy Watch6」もお買い得【Amazonプライムデー】 (2024年07月11日)
  10. 「Galaxy Z Flip6/Z Fold6」もdocomoロゴなし 背面の“共通・シンプル化”が進む (2024年07月11日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー