「潔い」端末にしたかった――佐藤可士和×N702iDシリーズ・702iDクリエイターインタビュー(2/2 ページ)

» 2006年01月17日 23時42分 公開
[杉浦正武,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 「(開発現場である)郡山まで出向いて、自ら立ち会って『この色ではだめだから、白色をあと何%足してほしい』『膜厚をあと何ミクロン上げてくれ』という世界だ」(笑)

 机上でアイデアを練るのでなく、実地に赴いて仕上がりを確認するという作業が思いのほか大変だったのだとした。

アートディレクターとして「トータルで演出を」

 端末開発にあたり、ドコモからの注文はなかったのだろうか。佐藤氏は「自分はプロダクトデザイナーではない。そのため電話機を作るのではなくて、端末内部も含めてトータルに見てほしいと言われた」と答える。

 佐藤氏の本職は、アートディレクター。そのためN702iDの待受画像などの内蔵コンテンツは、統一的な世界観のものを用意してあると話す。フォントにしても、「サムライ702」という独自フォントを用意した(1月17日の記事参照)

Photo N702iD向けのオリジナルフォント

 「せっかくなら全部アートディレクションしようということで、キーフォントもオリジナルフォントを全部開発した。……携帯というとなんとなくネコの待受画面だったり、夜景だったりするが、せっかくならこちらも全体に美意識が行き届いたものをやりたいということで、瀧本幹也くんという売れっ子カメラマンの撮ったグラフィカルな記号的な写真もいくつか設定した」

 佐藤氏は普段、仕事とは別にアートデザインユニットを組織しているが、ここでの作品もN702iDに提供した。また音楽も佐藤氏が作っているという。「僕がギターを弾いている、そんな音楽のiモーションもある」。NEC端末としてはよく見かけるDisneyの待受画面にしても、この端末に合うようなシンプルデザインのミッキーがプリインストールしてあるという。

Photo (左)記号的な写真や、アーティスティックなデザインの待受画像がプリインストールされている(右)N702iD向けのミッキー (C)Disney

 結果として、2年間にわたるN702iDのデザインの仕事は、非常に楽しいものだったと佐藤氏は振り返る。

 「携帯は高度な技術を結集した、それでいて身近な製品。ポップカルチャーを集約したような存在で、持っていないと不安になるものをデザインするという経験は非常に面白かった。同時に大変でもあったが……またやりたいと思う」

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月15日 更新
  1. 古いiPhoneで撮影した写真が“エモい”と評価されるワケ 「iPhone 3GS」で試してみた (2024年07月14日)
  2. 有線イヤフォンをワイヤレス化できる「Bluetoothレシーバー」がダイソーで550円 使ってみたら想像以上に良かった (2024年07月14日)
  3. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  4. ドコモ販売ランキング:初登場の「Xperia 10 VI」と「AQUOS wish4」を抑えて首位に立ったのは……?【7月1日〜7月7日】 (2024年07月13日)
  5. アンカーが「Amazonプライムデー」に参加 260製品以上を最大50%オフに (2024年07月10日)
  6. 楽天モバイルの「株主優待SIM」は事業への理解を深めることが目的?(それはそれでアリ) (2024年07月13日)
  7. 「Galaxy Z Fold6/Z Flip6」は何が変わった? 折りたたみ×AIで新たな価値提案へ (2024年07月13日)
  8. 楽天モバイルの“株主優待SIM”を使ってみた 毎月30GBを1年間、サブ回線の運用に最適 (2024年07月08日)
  9. PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、9月以降に2自治体で最大20%還元 (2024年07月12日)
  10. ダイソーで110円の「スイッチ付(USB)Type-Aケーブル」を便利に使う方法を探る 「USBデスクライト」のスイッチとして最適な反面注意点も (2024年07月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー