PC宛メールも携帯で見るのだビジネスで使う「W41CA」(3)(1/2 ページ)

» 2006年02月22日 20時56分 公開
[斎藤健二,ITmedia]

 「ビジネスで使う──」の第3回は、Eメールの転送にトライしてみたい。連絡の基本は既にメールになっていると思う。しかし、PCの前に行かないとメールが見られないというのはいかにも不便だし、今風ではない。

 「W41CA」に限らず、最近の各社3G携帯電話はパケット料金の定額制に対応している。PCのメールを転送するように設定しておけば、料金を気にせず携帯でもチェックが簡単にできるというわけだ。

※もちろんそもそも転送できない……という方も多いと思う。そんな方は、「ボーダフォン・オフィス・メール」のようなサービスを会社が導入してくれることを願うとしよう。

 ただし、メールに添付してあるファイルや、メール内のURLも見られるか? というと対応している携帯は限られる。添付ファイルを見るには、「PicselViewer」(auはPCドキュメントビューアー)などが必要だし、URLからサイトを見るにはフルブラウザ(PCサイトビューアーなど)が入っていなくてはならない。

オフィス系ファイル、ブルブラウザに対応した端末の状況
主な端末 ファイルビューワ フルブラウザ
W41CA
W41H
W41S ×
N902i × ○※
SH902i ×※ ○※
702NK(II) ○※
※FOMAはオフィス系ファイルの添付メール受信に対応していない。メールを転送しても「添付ファイル削除しました」と出てしまう。そのため、SH902iはファイルビューワ自体は備えるが、メールに添付されているファイルは閲覧できない。N902iやSH902i、702NK(II)は一部Webは表示できない。例えば現時点ではITmedia +Dや@ITなどのサイトは正しく表示できなかった。なお「Opera」や「jigブラウザ」など別売りのソフトを追加すれば、閲覧環境が強化される場合もある

 もう1つ、受け取れる添付ファイルの容量にも気をつけたい。auの最新WIN端末は最大500Kバイト、ボーダフォン3Gは300Kバイト。FOMAはオフィス系ファイルの添付は受け付けない。

 また文字数にも少々注意がいるかもしれない。auの最新WIN端末とFOMAは送受信とも全角5000文字、ボーダフォンは添付ファイルも合わせて300Kバイトまで(つまりテキストだけなら数万文字)となっている。

 ちなみに筆者のメールを漁ってみると、引用が連続するメールは6000〜7000文字程度までふくらんでいるものが多い。ただしチェックすべきは頭の数百文字なので、5000文字あればまず問題はない。5000文字を超えても受信できないのではなく、超えた分だけが切れるので、W41CAへの転送は非常に実用的だ。

 さて、携帯にPCのメールを転送すると、人によってはおびただしい数のメールが携帯に送られることになる。いくつか便利に使うためのポイントを挙げてみたい。

携帯宛と転送されてきたメールを分けよう

 件数が増えたらフォルダを分けてメールを自動振り分けする。ところが「PCから転送されたメールをフォルダ2へ」という設定は難しい。筆者は、「アドレス帳に掲載されているアドレスからのメールはフォルダ2へ」「それ以外のメールは受信箱に残す」というやり方を取っている。つまり、PCからの転送メールはほぼ確実に受信箱に入るわけだ。

 「アドレス帳に掲載されているアドレスからのメールはフォルダ2へ」という設定は、アドレス帳のグループ機能を使う。それぞれのアドレスはグループ0〜グループ99までのどれかに属している。すべてのグループからのメールをフォルダ2へ振り分けるよう設定すれば、電話帳に載っているアドレスからのメールはすべてフォルダ2へ入ることになる。ただし、グループを99まで使っているような人は別の方法を考えなくてはならないだろう。

 こんな裏技を使わずとも、SH902iのように「アドレス帳登録なし」という振り分け条件を持っている端末もある。

メールが転送されてくるたびに音が鳴るのはうっとうしい

 携帯宛のメールは音が鳴ってほしいが、メールが転送されるたびに音が鳴ってはたまらない。これを解決するのはけっこう面倒なのだが、1つ解決法を思いついた。先の転送と同様にアドレス帳のグループを活用する方法だ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー