レビュー
» 2006年03月31日 17時31分 公開

ワンセグ本放送直前レビュー:やっぱり、ハマってしまいました──ワンセグ携帯を駆け込み体験 (1/3)

いよいよ4月1日に本放送が始まる「ワンセグ」。「P901iTV」「W41H」を手に、駆け込みで試験サービスを試してみると……案の定、またしてもハマってしまいました。携帯+ワンセグって、案外イケるかも。

[野田幾子,ITmedia]

 +Dモバイル編集部からある日、2台のワンセグケータイが届いた。「P901iTV」「W41H」だ。以前、auのアナログテレビ携帯「A5511T」を試した際、“興味ないはずが、なぜかハマった”ことを編集部は覚えていたのだろう。今回も、「四の五のいわず、とにかく触れ」ということらしい。

本記事内の一部画面には著作権保護のためモザイクをかけています。ご了承下さい。

ノイズもゴーストもほとんどない……きれいな映りに驚く

 P901iTVとW41Hの大きな違いは、ワンセグとアナログ放送の両対応かどうか。P901iTVはワンセグとアナログ放送の両方に対応しており、W41Hはワンセグのみの対応となる。

Photo P901iTVでワンセグ放送を見る場合、「デジタルTV」の「自動チャンネル設定」を選べば(写真左)、その地域で受信できるチャンネルを探しに行く(写真中央)。受信したチャンネル情報は、「チャンネルリスト」として登録でき、名称の変更も可能(写真右)。例えば長距離移動で受信エリアが変わったときでも、簡単に受信チャンネルの変更ができるのでとても便利。ただ、残念ながらチャンネル情報を受信するまで3分以上時間がかかってしまう

 アナログテレビ携帯にハマった身としては、とにかく「アナログテレビと比べてどれほど画質が違うのか?」が知りたいところ。実際、視聴してみると……チャンネルを選んだ瞬間、目に飛び込んできたのはノイズのないクリアな映像だった。当たり前の話だが、アナログテレビケータイ視聴時につきものだった「砂嵐」がまったくなく、予想以上のきれいさだ。

 電波状態が悪い場所では、ブロックノイズが出たり音声がとぎれたりすることもあるが、それでも「これなら視聴したい」と思う画質だ。映像が乱れた場合はアンテナを立てて映像がきれいに映る方向を探すと改善されることが多い。

Photo P901iTVでデジタル放送を縦画面表示する(左)。画面下部には番組の携帯コンテンツへジャンプするリンクや、各テレビ局が提供するデータ放送が現れる。画面を180度回転させると、自動的に横画面表示へとシフト(中)。いずれの画面でも、携帯の電波状態はもちろん、デジタル放送受信状態を「画面+アンテナバー2本」で表示する。同じ場所で、アナログ放送も受信してみた(写真右)。アナログ放送としてはまあまあ受信状態がいいと思うのだが、「砂嵐」が意外とストレスになっていることに気づいた。※ワンセグ放映画像は、試験電波時のもの

 ワンセグ放送の特徴として挙げられるのが「字幕表示」と「データ放送」。番組内で起きていることの説明や登場人物のセリフなどをテキストで流す字幕表示に対応しているのはW41Hで(従来機種ではW33SAも対応)、P901iTVは未対応。この点は、「ワンセグ」に特化したW41Hが一歩リードしている。移動中に番組を見ていると音を消してみる場合もあるので、文字が予想以上に番組内容の理解を助けてくれる。特にドラマや映画など“ストーリーが命”の番組、固有名詞が頻繁に登場する教養番組などでは助けられることが多かった。

 データ放送は、視聴者参加型のクイズ番組や、番組に登場した品物のショッピングなど、放送中の番組内容とリンクした情報を提供するもの(3月23日の記事参照)。「これぞ、ワンセグ!」ともいえるキモの部分であり、本放送開始でどんな情報が提供されるのかが注目だ。

Photo W41Hは字幕表示に対応(左)。映像の音声を消していたり、聴き取りにくい状況下でも、セリフやシチュエーションを説明する文字を読めば内容が分かる。「テレビ操作」ボタンを押すと表示されるチャンネル操作画面でチャンネルや音声の大小を変更する(右)
Photo 液晶を縦画面表示から180度回転させれば画面サイズが変わり、全画面表示に変わる(左)。端末上部にあるテレビ操作ボタンを押せば、チャンネル/番組情報などが現れる(右)
Photo ミニチュアテレビのような形で視聴できる充電台も用意。同社のテレビWoooを意識したデザインだという
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう