ニュース
» 2006年06月22日 16時33分 公開

三洋とNokia、CDMA端末合弁会社を断念

三洋とNokiaは、CDMA携帯電話端末事業の合弁会社設立を見送る。「個別に行うほうが適切」と判断したという。

[ITmedia]

 三洋電機は6月22日、フィンランドNokiaと検討していたCDMA携帯電話端末事業の新会社設立を見送り、交渉を終了したと発表した。「新会社を設立するよりも、他の選択肢を個別に行うほうが適切との結論に達した」(三洋)という。

 両社は2月14日、両社のCDMA端末事業を分離して新会社「三洋ノキアモバイルデバイシズ」を設立、今年第3四半期に運営開始を目指すと発表(関連記事参照)。三洋は新会社を足がかりに世界の端末市場に進出したい考えだった。

 両社のCDMA端末事業の計画はそれぞれが改めて公表するとしている。

 新会社断念に伴う三洋の業績予想の修正はないとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう