ニュース
» 2006年07月21日 15時25分 公開

ウィルコム、携帯端末に対応するグループウェアのASPサービスを開始

ウィルコムは、Exchange Server 2003を基盤とし、モバイル端末からのグループウェアへのアクセスを可能とするASPサービス「Access P-BERRY」を8月1日より開始する。

[岩城俊介,ITmedia]

 ウィルコムは7月21日、Exchange Server 2003を基盤とするASPサービス「Access P-BERRY」(アクセス ピーベリー)を8月1日より開始すると発表した。

 Access P-BERRYは、マイクロソフトExchange Server 2003をホスティング環境で提供し、モバイル端末からのグループウェアへのアクセスを可能とするリモートアクセスASPサービス(6月16日の記事参照)。同サービスの利用により、自社でサーバを所持しない企業や部署・グループ単位、あるいはSOHO環境において、携帯端末でグループウェアへのアクセスを行う手段を容易に確立でき、業務の大幅な効率化が望めるとしている。

 サービスは「W-ZERO3」などのPC用サイトが閲覧可能なWebブラウザ対応端末、あるいはAIR-EDGEカードを利用することにより、「電子メール(参照、作成、送受信、フォルダ階層へのアクセスなど)」「ユーザー検索(単体ユーザー、グループ、連絡先など。検索結果からメール送信も可能)」「予定表(参照、作成、会議への参加返答など)」「アドレス帳の共有」などの利用が可能となる。

 Access P-BERRY利用料は、1ユーザーあたり月額1575円/月(税込み)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう