ニュース
» 2006年07月28日 16時27分 公開

アイピーモバイル、携帯サービス開始を来春に延期

アイピーモバイルがデータ通信サービスの開始時期を今年10月から来春に延期。新システムを導入し、通信速度を2倍の下り最大11Mbpsに高速化するため。デル前社長の浜田氏が取締役に就任する。

[ITmedia]

 携帯電話サービスに新規参入するアイピーモバイルは7月28日、今年10月に予定していたサービス開始を来年春に延期すると発表した。

 同社はTD-CDMA方式を採用したデータ通信サービスを計画。当初は5MHz分の帯域を使う予定だったが、3GPPで標準化された10MHz帯域を使用するシステムを導入するのに伴い延期を決めたという。

 5MHz帯域システムでは下り最大5.2Mbps/上り最大848Kbpsだったが、新システムでは倍の11Mbps/1.7Mbpsに高速化するとしている。今後も高速化を進め、22.1Mbps/2.64Mbpsとなるシステムの導入も予定しているという。

 サービス開始に向け、CSKグループなどが引き受けた40.5億円の増資払い込みが完了。増資後の資本金・資本準備金の合計は53.75億円になった。

 また、ロッテリアの経営支援などで知られるリヴァンプと提携し、同社代表パートナーでデル前社長の浜田宏氏が取締役に就任する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう