ニュース
» 2006年08月01日 16時06分 公開

ボーダフォン、10月から請求金額をネットで照会可能に

ボーダフォンは10月から、請求書を携帯やPCから閲覧できる「オンライン料金案内」を開始する。合わせて請求書の郵送を停止すると毎月の基本ポイントを10%加算する。

[園部修,ITmedia]

 ボーダフォンは2006年10月度の請求分から、口座引き落としもしくはクレジットカード決済で料金を払っている個人契約のユーザー向けに、毎月の請求金額を携帯電話やPCからインターネット経由で閲覧できる「オンライン料金案内」サービスを開始する。

 オンライン料金案内は、携帯電話やPCから「My Vodafone」(サービス開始時は「My SoftBank」)のページを開くことで参照できる。請求総額や回線毎の請求内訳などが、過去6カ月分まで照会可能だ。また請求情報が更新されると携帯電話にメールで通知する機能も提供する。PCからアクセスすれば印刷用に請求書をダウンロード可能になるほか、申し込みをすれば1回線につき月額105円で通話明細のダウンロードもできるようになる。

 既存のユーザーには当面請求書の郵送を継続するものの、2006年10月からは請求書の郵送が無料のオプションサービスとなる。10月1日以降にMy SoftBank(My Vodafone)にアクセスし、オンライン料金案内のみを利用することに同意するか、オプションサービス「請求書」の廃止を申し込むと、オンライン料金案内が利用可能になり、請求書の郵送が停止される。郵送を停止したユーザーには、特典として「ボーダフォンマイレージサービス」(サービス開始時は「ソフトバンクマイレージサービス」)の基本ポイントの10%分をボーナスポイントとして加算する。

 なお、2007年3月末まではオンライン料金案内のサービス体験機関として提供し、請求書の郵送を継続しながらオンライン料金案内サービスを利用することも可能だ。

 10月1日以降に新規契約か契約変更(PDCから3G、あるいは3GからPDCに変更)すると、オンライン料金案内が基本サービスになる。支払い方法が窓口払いのユーザーをのぞき、原則請求書の郵送を停止する。請求書の郵送を希望する場合は、オプションサービスの「請求書」を申し込む必要がある。ただしプリペイドサービスやPjのユーザーは対象外だ。

 ドコモは「eビリング」として、KDDIは「料金お知らせサービス」という名称で(2002年12月26日の記事参照)、すでに同様のサービスを提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう