ニュース
» 2006年11月20日 12時26分 公開

「EZナビウォーク」と「EZ助手席ナビ」、赤色舗装交差点をアイコン表示する新機能

KDDIとナビタイムジャパンは、「EZナビウォーク」および「EZ助手席ナビ」で東京都が渋滞対策事業として推進する赤系カラー舗装施工交差点を地図上に表示する機能を追加する。

[園部修,ITmedia]

 KDDIとナビタイムジャパンは11月21日から、東京都が渋滞対策事業「スムーズ東京21」および「スムーズ東京21―拡大作戦―」で推進している、交差点に赤系のカラー舗装を施した地点を「EZナビウォーク」の地図上に表示する機能を追加する。「EZ助手席ナビ」にも同様の機能を2007年春から搭載する。

 これにより、東京都内に現在57カ所ある、赤系カラー舗装を施行した交差点にアイコンが表示され、それをクリックすると対策交差点の詳細情報が確認できるようになる。詳細情報のページからは、周辺の駐車場情報が検索でき、駐車場までナビゲートする機能も用意した。この機能を利用すれば、ドライバーは渋滞する交差点付近を回避して駐車可能になる。

Photo 「スムーズ東京21―拡大作戦―」対策交差点の表示イメージ

 このEZナビウォークの新機能は、東京都・警視庁・東京国道事務所が11月26日から東京・お台場のパレットタウンで実施する「セーフティ&スムーズ東京フェア2006」のKDDIブースで実際に体験できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう