ニュース
» 2007年06月29日 20時24分 公開

賑わう“ケータイ夏商戦”、思わぬブレーキ要因も携帯販売ランキング(6月18日〜6月24日)(1/2 ページ)

各社の新機種が続々登場し、“ケータイ夏商戦”が本格化してきた。新機種はおおむね好調のようだが、今後、売れ筋はどう変わっていくのか。早速今回の販売ランキングをチェックしていこう。

[岩城俊介,ITmedia]
順位NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイル
1(1)SH903i(3)W53T(1)705SH
2(2)FOMAらくらくホンIII
(F882iES)
(1)W52SA(2)912SH
3(3)P904i(2)W52H(3)812SH
4(4)SH904i(6)W44K II(4)911SH
5(5)F904i(4)W51CA(6)911T
6(6)N904i(5)W51S(11)810P
7(9)SH903iTV(8)A1406PT(9)811SH
8(10)N703iμ(7)W51SH(10)810SH
9(11)P703iμ(-)ウォークマンケータイ
W52S
(5)709SC
10(13)SH703i(9)A5526K(14)813T

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。(2007年6月第4週)

ドコモもシャープ製端末が強い──904iシリーズは3位から6位に並ぶ

Photo SH903i

 今回のドコモ販売ランキングは、2007年夏モデル「904i」シリーズが出そろった2週目の集計になる。904iシリーズは3位から6位に、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P904i」、シャープ製の「SH904i」、富士通製の「F904i」、NEC製の「N904i」の順でランクイン。三菱電機製の「D904i」は、TOP10から脱落した。

 「SH903i」(2006年10月発売)と「FOMAらくらくホンIII」(2006年9月発売)が変わらずランキングの1位と2位を独占する結果は同じだが、前回の初登場から904iシリーズの中で連続トップを獲得したP904iが人気の兆しを見せている。

 もう1つ、シャープ製端末が首位のSH903iを筆頭に、SH904i、ワンセグ搭載の「SH903iTV」、2007年春モデルの「SH703i」がランクイン。夏商戦が本格化し、シャープ製端末の層の厚さがそのまま人気につながる結果になっている。

 ドコモは近く、JATEの通過でいくつかの機種の存在が確認された「704i」シリーズの発表も控えている。704iシリーズを夏商戦向けとして投入するかは不明だが、発表にともなって前機種の703iシリーズが値下げされることも予想される。新機種か安価な旧機種か。今、ドコモ端末の購入を検討するユーザーにとって「いつ買うのがお得か」という悩みは、まだ続きそうだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう