レビュー
» 2007年07月17日 20時00分 公開

「912SH」の“ここ”が知りたい(1):これまでのAQUOSケータイとどこが違う?――「912SH」

ソフトバンク向け「AQUOSケータイ」の3rdモデルとしてリリースされた「912SH」は、ワンセグはもちろん、3インチワイドVGA液晶、3Gハイスピード、Bluetooth、AF対応3.2Mカメラなど多彩な機能を備える。今回はAQUOSケータイとしての進化点を中心にチェックする。

[田中聡(至楽社),ITmedia]

質問:「905SH」「911SH」との違いは?

photo 「912SH」

 ソフトバンクモバイル夏の2007年モデルの中でもひときわハイスペックなモデルが、シャープ製の「912SH」だ。AQUOSケータイの第3弾で、ディスプレイが90度回転するサイクロイドスタイルも健在だ。

 912SHはAQUOSケータイが正統進化したモデルということもあり、前モデル「911SH」と初代モデル「905SH」との違いを知りたいという声が多く寄せられた。そこで、基本スペックや対応サービスなどを下記の表にまとめてみた。


  905SH 911SH 912SH
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約105×49×27ミリ 約106×50×22ミリ 約108×50×23ミリ
重さ 約140g 約138g 約144g
連続通話時間 約180分 約180分 約270分
連続待受時間 約360時間 約380時間 約370時間
メインディスプレイ 最大26万色 2.6インチ(240×400)モバイルASV 最大26万色 3.0インチ(240×400)モバイルASV 最大26万色 3.0インチ(480×800)モバイルASV
サブディスプレイ モノクロ 1行全角6文字(72×12) モノクロ 2行全角6文字(72×26) 白色1色 3行全角8文字(96×39)有機EL
カメラ 202万画素CCD(AFなし) 約200万画素CMOS(AFなし) 約320万画素CCD(AFあり)
データフォルダ容量 最大20MB(共有) 最大20MB(共有) 最大50MB(共有)
スピーカー ステレオ モノラル ステレオ
外部スロット miniSDカード microSDカード microSDカード
S!FeliCa
3Gハイスピード × ×
ワンセグ
ワンセグ連続視聴時間 約4時間 約5時間 約5時間20分
FMラジオ × ×
ミュージックプレーヤー ○/SDオーディオ(AAC、MP3)、ノンセキュアAAC ○/SDオーディオ(AAC)、ノンセキュアAAC ○/SDオーディオ(AAC)、ノンセキュアAAC
GPS × × ×
Yahoo!mocoa ×
S!タウン ×
S!キャスト ×
ライブモニター ×
ホットステータス ×
サークルトーク ×
おなじみ操作 ×
PCサイトブラウザ ×
ドキュメントビューア ×
赤外線通信 ◎(高速対応) ◎(高速対応)
Bluetooth ◎(A2DP対応)
国際ローミング × × ×
912SHは911SHよりも高さ、厚さ、重さが増しており、重さ144グラムはこの3機種の中では最も重い。ただし厚さ23ミリは905SHの27ミリよりは薄い。912SHのアドバンテージは、ワイドVGAディスプレイ、3Gハイスピード、AF付きカメラ、A2DP対応のBluetoothなど。横向きのユーザーインタフェースを採用しているのも912SHのみ

photophoto 左から905SH、911SH、912SH。912SHのみサブディスプレイに有機ELを採用(左)。3モデルともサイクロイドスタイルでワンセグを起動。905SHではワンセグ起動が[#]キーの下に割り当てられている。テレビの画質は、911SHと912SHでほぼ同等という印象だったキー配列は911SHと912SHはほぼ同じだ(右)
photo 左から905SH、911SH、912SH。初代の905SHが最も厚く、2代目の911SHが最もスリム

質問:キーバックライトはどのように光るのか

 全色を確認することはできなかったが、メタルグレーとメタルブラックのキーをチェックした。いずれも、キーのフォントやアイコンが発光するタイプだが、メタルブラックに比べ、メタルグレーは発光範囲にムラがあり、光が弱く不鮮明に感じられた。なお、ディスプレイとキーバックライトの設定は連動しており、キーバックライトだけを個別に設定することはできない。

photophoto 左がメタルグレー、右がメタルブラックのキーバックライト

質問:不在着信ランプはどこが光る? 色数は?

 電話着信、メール受信、不在着信通知などで点灯するランプは、サブディスプレイ下に設置されている。メニュー→「設定」→「本体設定」→「音・バイブ・ライト」から設定できる。ライト色は「ホワイト」「レッド」「イエロー」「グリーン」「ブルー」「パープル」「ライトブルー」の7色のほか、7色が連続で光る「カクテル」が用意されている。ライトは音声着信、TVコール着信、メール受信など機能によって設定を変えられるほか、アドレス帳に登録したデータごとに色を変えることも可能。着信音と連動して光らせる「音連動」設定もある。

photophotophoto 写真左からレッド、イエロー、グリーン

 アドレス帳の各データの中でさらに、音声着信、TVコール着信、メール受信ごとにカラーを変えることもできる。

質問:指紋は付きやすいか

 メタルブラックはそれほど指紋は目立たないが、鏡面仕上げとなっているメタルグレーは比較的目立つので、気になる人も多そうだ。マメにハンカチなどで拭き取るか、クリーナー付きのストラップを使うことをお勧めしたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう