ニュース
» 2007年09月07日 18時57分 公開

携帯は「安くなったら買う」──“商戦期の狭間”のユーザー心理も複雑携帯販売ランキング(8月27日〜9月2日)(1/2 ページ)

夏商戦を終え、夏休みも終わったことで携帯の売れ筋はどう変化してくるだろうか。それとも動きが止まるだろうか。そして、9月17日の敬老の日を前にした“親商戦”で売れる端末は何か。早速、今回のランキングをチェックしていこう。

[岩城俊介,ITmedia]
順位NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイル
1(1)FOMAらくらくホンIII
(F882iES)
(1)W52SH(1)FULLFACE 913SH
2(2)SH904i(2)W52CA(2)912SH
3(4)F904i(3)W44K II(4)812SH
4(3)SH903iTV(4)W53T(3)fanfun. 815T
5(5)P904i(5)W52SA(10)816SH
6(6)SH704i(6)W52P(5)810T
7(7)SH703i(7)W54T(8)705P
8(11)N904i(8)EXILIMケータイ W53CA(18)910SH
9(9)D904i(10)ウォークマンケータイ W52S(7)912T
10(15)らくらくホンIV
(F883iES)
(9)W53SA(6)706P

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。(2007年9月第1週)

「らくらくホン」シリーズ2機種がTOP10入り──ユニバーサル携帯が好調

Photo FOMAらくらくホンIII

 ドコモの販売ランキングは今回も停滞ぎみ。顔ぶれに大きな変化は見られない。

 首位は富士通製のユニバーサル携帯「FOMAらくらくホンIII」(2006年9月発売)。本機は約1年前に登場した端末だが、敬老の日を前にした“親”需要などで今回も好調だ。連続首位記録を「4」に伸ばした。

 そのほか、2007年8月発売の新機種「らくらくホンIV」も今回初めてランクイン。前回のランク圏外から10位に上がってきた。本機はFOMAらくらくホンIIIの後継機として、ディスプレイが大きくなり、操作、通話しやすい機能を強化。GPSと連携した安心機能も追加するなどの進化を遂げたものの、パッと見で形状が大きく変わらず、安価な前機種と併売される現状から、登場直後の鋭いスタートダッシュは見られなかった。これは、そもそもFOMAらくらくホンIIIの完成度が高いことも意味するが、今後はその在庫状況により、次第にらくらくホンIVへ売れ筋が移っていくと思われる。

 2007年の夏モデル「904i」シリーズは、2位にシャープ製の「SH904i」、3位に富士通製の「F904i」、5位に「P904i」、8位にNEC製の「N904i」、9位に三菱電機製の「D904i」が登場。今回は全機種TOP10入りを果たした。前回ランク圏外に落ちたN904iは盛り返し、8位に返り咲いている。

 対して、「704i」シリーズの勢いは前回に増して衰えた。前回10位に入った“防水FOMA”「F703i」と入れ替わりでらくらくホンIVが台頭したため、70xiシリーズはシャープ製の2機種「SH704i」(6位)と「SH703i」(7位)のみとなった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年