ニュース
» 2007年09月25日 16時30分 公開

ドコモ、「S60」用のiモード環境を海外オペレータに提供

NTTドコモは海外オペレータ向けに、Nokiaの携帯電話向けプラットフォーム「S60(3rd Edition)」上で動作するiモードアプリケーションソフトを開発し提供を開始した。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは9月25日、Nokiaの携帯電話向けプラットフォーム「S60(3rd Edition)」上で動作するiモード用アプリケーションソフトを開発し、海外の提携オペレータへ提供を開始したと発表した。

 このソフトウェアは、S60搭載端末にプリセットした状態で出荷され、iモードを利用したメールやWebブラウジングのほか、iアプリを実行することも可能。今後提供されるiチャネルにも対応するという。

photo 「S60」(3rd Edition)用のiモード画面。iモードブラウザ、iモードメール、iアプリ、iチャネルが利用できる

 S60は、Symbian OSをベースとしたオープンなプラットフォームで、Nokia以外でも独Siemensや韓Samsung電子、LG電子などが採用。海外でS60搭載端末が普及していることから、ドコモがS60用のiモード環境を開発したもので、国内向けに展開する予定はないという。ドコモは本ソフトの提供により、海外におけるiモード対応端末の選択肢が広がると期待している。

 なお当面は、Nokiaが製造・供給する端末に搭載する予定。すでにブルガリアのオペレータである「GLOBUL(グロブル)」が、iモードに対応するNokia製「Nokia 6120 classic」「Nokia N73 Music Edition」「Nokia E65」を発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう