ニュース
» 2007年10月01日 17時01分 公開

GPSを利用したメタボリック対策アプリ「jig GPSチェッカーDX」

jig.jpは、携帯電話のGPS機能を利用してウォーキング、ジョギング、サイクリング時のカロリー計算を行う待受アプリ「jig GPSチェッカーDX」を発表した。

[平賀洋一,ITmedia]

 jig.jpは10月1日、同社の待受アプリ「jigデスクトップ」のバリエーションに、GPS機能を利用したカロリー消費計測ツール「jig GPSチェッカーDX」を追加した。

 jig GPSチェッカーDXは、携帯電話のGPS機能を利用して移動の合計距離やスピード、移動経路を表示し、歩数や消費カロリーや移動スピードを計算するアプリケーション。ウォーキング、ジョギング、サイクリングの3種類の運動で、移動距離、計測時間、消費カロリー、歩数の目標値を設定できる。また、アラートによる目標達成の通知機能も備える。

 計測された各データは、カレンダーで日別に確認できるだけでなく、1週間ごとに自動的にグラフ化されるため、運動の記録やコンディションの管理を継続して行うことができる。計測中にトンネルや屋内などに入りGPSの電波が途切れた場合、短時間であれば前後の移動記録から推測して計測を続けるが、長時間中断した場合は計測を中断する。

photophotophoto jig GPSチェッカーDXの画面イメージ

 対応機種は、ドコモの「F904i」「N904i」「P904i」「SH904i」と、「D903i」「F903i」「N903i」「P903i」「SH903i」「SO903i」。jigデスクトップの利用料金は4コースあり、20ポイントコースは無料、150ポイントコースは月額157円、300ポイントコースは月額315円、600ポイントコースが月額630円で、ポイントは翌々月末まで繰り越しできる。jig GPSチェッカーDXの利用ポイントは300ポイント。

 アクセスは、

  • iMenu→メニュー/検索→辞書/便利ツール→便利ツール→「jigデスクトップ」

 から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう