ニュース
» 2007年10月22日 13時45分 公開

“オトナ”な落ち着いたカラーとデザイン、MIRROR 821Pの兄弟機──「820P」

落ちついたカラーとデザインが特徴のパナソニック モバイル製のスリム携帯が「820P」。2.8インチのワイドQVGAディスプレイやPCサイトブラウザ、Bluetooth、シンプルモード、200万画素AFカメラなどを搭載し、国際ローミングやY!速報ニュースなどのサービスに対応する。

[岩城俊介,ITmedia]

 ファッションに合わせて。でも気取りすぎない──。パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「820P」は落ちついたカラーリングとスリムなボディが特徴の3G端末。2007年10月現在も人気の2006年秋冬モデル「705P」(10月にカラーバリエーションを変更した「705Px」も発売)や2007年春モデル「706P」のデザインイメージを踏襲し、15.2ミリのスリムボディや2.8インチワイドディスプレイを採用して進化した。

photo
photo パナソニック モバイル製の「820P」。ブラック、ホワイト、シルバー、レッド、ピンク、ターコイズの6色で展開する

 基本スペックはMIRROR 821Pとほぼ同一ながら、中央にかたどったサブディスプレイを内蔵するミラー調パネルのワンポイントと、角を落とした落ちついたデザインを施し、ワンプッシュオープンボタンを搭載する。

 ディスプレイはワイドQVGA(240×400ピクセル)表示対応の2.8インチ液晶を採用し、有効200万画素のAFカメラを搭載。認識しやすいメニューインタフェースや大きな文字に変更する「シンプルモード」を用意し、ダイヤルキーの「シンプルモードボタン」で容易に切り替えられる。

 そのほか、海外でもそのまま使える国際ローミング(GSM 900M/1800M/1900MHz)や0から9のダイヤルキー長押しで、割り当てられた行のアドレス帳を即座に呼び出せる「クイック電話帳」などの機能、待受画面にニュースをテロップ表示できる「S!速報ニュース」などのサービスに対応する。

photophoto  
機種名 820P
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×104×15.2ミリ
重さ 約108グラム
連続通話時間 約200分(GSM:約200分)
連続待受時間 約400時間(GSM:約300時間)
アウトカメラ AF付き有効約200万画素CMOS
インカメラ 有効約31万画素CMOS
外部メモリ microSD(別売り/最大2Gバイト)
メインディスプレイ 約2.8インチ(240×400ピクセル)液晶、約26万色
サブディスプレイ 約0.77インチ有機EL
主な対応サービス・機能 国際ローミング、Bluetooth(HFP/HSP/DUN/OPP/SPP)、シンプルモード、S!おなじみ操作、S!電話帳バックアップ、S!速報ニュース、着うたフル、PCサイトブラウザ ほか
ボディカラー ホワイト、シルバー、ブラック、レッド、ピンク、ターコイズ

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう