ニュース
» 2007年11月05日 01時30分 公開

写真で見る「F705i」

富士通製の「F705i」は、IPX5、IPX7の防水性能はそのままに、前モデルより4.1ミリ薄くなった防水FOMA。水の進入口を少なくするために、充電端子とイヤフォン用端子が統合され、より安心して使えるという。

[房野麻子,ITmedia]

 富士通製の「F705i」は、防水性能を備えた「F704i」の後継モデル。IPX5、IPX7の防水性能はそのままに、前モデルから4.1ミリもスリムになった。背面のパネル越しに光って時刻や着信を知らせる「フローティングサイン」は、背面に37個の白色LEDを連続レイアウトしたものに一新され、表現力が向上。端末開閉時のイルミパターンは60種類がプリインストールされ、パターンを自作できる「パターンクリエーター」iアプリも搭載された。

Photo ボディカラーはSAKURA、YUKI、GUNJYOの3色。透明感のある背面パネルを採用しており、GUNJYOは光の加減でミラーのように輝く


 雨の屋外や水際で利用するときにも、より安心して使えることを考慮し、水の進入口を少なくするために充電端子とイヤフォン用端子が統合された。充電時はそのまま挿せるが、イヤフォンを使うときには、アダプタを利用することになるという。

Photo 前モデルより大幅に薄くなったボディ(左)。従来モデルの作りを踏襲したダイヤルキー。かなりフラットだが、微妙な段差でキーを判別できる(中)。左側面上部にあるのが統合された充電端子とイヤフォン用端子

 ディスプレイは2.7インチのQVGA(240×430ピクセル)TFT液晶、カメラはパンフォーカスの130万画素CMOSで、インカメラは搭載されていない。音楽プレーヤーは着うたフルなどのほか、microSDに転送したWMA形式の楽曲を聴くことができる。おサイフケータイ、3Gローミングにも対応するが、GSMローミング、ワンセグ、FOMAハイスピード、直感ゲーム、Fiash Lite 3には非対応。きせかえツールも、バージョンアップ版には対応しない。

「F705i」の主なスペック
機種名 F705i
サイズ(幅×高さ×厚さ) 49×106×13.8ミリ
重さ 約115グラム
連続通話時間 約155分(テレビ電話:約80分)
連続待受時間 約460時間(静止時)
アウトカメラ 有効130万画素CMOS
インカメラ なし
外部メモリ microSD(別売り)
メインディスプレイ 2.7インチフルワイドQVGA(240×432ピクセル)、26万2144色TFT液晶
サブディスプレイ 白色LED
ボディカラー GUNJYO、YUKI、SAKURA
主な機能 国際ローミング(3G)、iチャネル、2in1、WMA再生、デコメ絵文字ほか
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう