イー・モバイルが音声サービス開始「3大キャリアの古い慣習を打ち破る」と千本会長――あの“サル”から祝電も

» 2008年03月28日 14時59分 公開
[平賀洋一,ITmedia]
photo イー・モバイル代表取締役会長兼CEOの千本倖生氏

 イー・モバイルは3月28日、携帯電話による音声通話サービスを開始した。同社代表取締役会長兼CEOの千本倖生氏は、音声サービス開始を記念するイベントで「我々が先頭を切って、日本の携帯電話市場を世界ナンバーワンレベルに引き上げて行きたい」と意気込みを語った。

 イー・モバイルはADSLのホールセール事業を手がけるイー・アクセスが母体。2007年3月31日に、13年ぶりの新規携帯キャリアとして開業した。同社はHSDPAによるモバイルデータ通信サービスが収益の主体であり、開業当初から1年後の2008年春に音声通話サービスを開始すると告知していた。2008年2月には、対応端末の「EMONSTER」「H11T」と定額制料金サービス、NTT網を利用した国内ローミングなどの詳細を発表した(2008年2月の記事参照)

 「今日からイー・モバイルは、全国47都道府県で音声通話サービスを開始する。我々は昨年、世界最先端のHSDPA技術を採用した高速なモバイルインターネットサービスと定額料金制で注目を集め、ユーザーから圧倒的な支持を得ることができた。また、日本のモバイル通信を、世界レベルに引き上げることができたと自負している。これからは音声サービスも含めた総合携帯電話事業者として、月額基本料0円、オプションなしの加入者間24時間無料通話、そしても最も安い通話料と、携帯電話としては画期的なサービスを武器に、さらなる成長を続けたい」(千本氏)

 音声サービスに対応したEMONSTERとH11Tは、3月1日から予約を受け付けていたが、予約状況は「予想をやや上回る実績。個人と法人はそれぞれ半々程度」(千本氏)とのこと。回線契約数については、電気通信事業者協会(TCA)が発表する携帯電話・PHS契約数を待って欲しいと付け加えた。

photo 千本氏と代表取締役社長兼COOのエリック・ガン氏

 千本氏によると、3月28日現在の同社人口カバー率は70%。6月にはそれを75%に引き上げるという。自社ネットワーク以外ではドコモの通信網を使ったローミングサービスを提供(H11Tで対応)するが、「カバーエリアは当初の予想を超えるスピードで広げることができた。自前のネットワークは毎日毎月拡充しており、東名阪など人口が密集するほとんどのエリアをカバーできている。地方のエリアでドコモ網を使っている状態だが、このペースで行けばドコモに迷惑をかける時間はかなり短いのではないか」と話した。

 ローミングのパートナーとしてドコモを選んだ理由については、「ドコモだけでなく各社と交渉を行ったが、ソフトバンクとの交渉は非常にタフなものだった。交渉を開始したころは山間部などでのカバー率がドコモのほうが良く、またドコモが最もフェアな対応をしてくれた。感謝したい」と、経緯を説明した。

 カバーエリアの拡大で課題となるのが、地下鉄や地下街などだ。特に大阪や東京など大都市の地下空間に基地局を設置するには、社団法人移動通信基盤整備協会(トンネル協会)との交渉が必要になる。千本氏によると、トンネル協会はドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3大キャリアで牛耳られており「新規参入者が話を持って行くと、いろいろと対応を遅らせてくる。こういった古い慣習を打ち破らないと、日本の携帯電話サービスはますます世界に通用しなくなる」(千本氏)という。

 同社では、地下街や地下鉄、トンネル内などのエリア整備にはさらに1年程度の時間が必要としている。

ハヤハヤ君よりお祝いの電話が

 会見では、イー・モバイルのテレビCMでおなじみ、ニホンザルの「ハヤハヤ君」から会場に電話がかかってくるという一幕も。開始したばかりの音声通話サービスでハヤハヤ君からお祝いのメッセージを受けた千本氏は、「イー・モバイルの音声は非常に明瞭(めいりょう)で聞き取りやすい。お年寄りなど、耳が遠くなった人でも使いやすいだろう」と、通話品質にも自信を見せた。

photophoto 音声端末の「H11H」とスマートフォンの「EMONSTER」(左)。同社のテレビCMでおなじみのあのサルは「ハヤハヤ君」というらしい(右)

 ハヤハヤ君と千本氏のやり取りの一部始終を、動画でご紹介しよう。

Get Macromedia FLASH PLAYER このムービーをご利用いただくためにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  4. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  5. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  6. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  9. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年