ニュース
» 2008年12月26日 19時19分 公開

携帯販売ランキング(12月15日〜12月21日):新機種の人気、早くも陰り? 不景気影響か安価な旧機種が浮上する傾向も (2/4)

[岩城俊介,ITmedia]

au端末も新機種が下げ傾向──「EXILIMケータイ W63CA」は連続首位

2008年12月第3週(au)
順位 先週順位 製品名
1 1(→) EXILIMケータイ
W63CA
2 2(→) AQUOSケータイ
W64SH
3 9(↑) W62SH
4 3(↓) Woooケータイ
W62H
5 4(↓) Woooケータイ
W63H
6 8(↑) W62T
7 6(↓) W64S
8 10(↑) フルチェンケータイ
re
9 5(↓) W65T
10 7(↓) Cyber-shotケータイ
W61S
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
Photo EXILIMケータイ W63CA

 au端末の販売ランキングも2008年冬商戦向けの新機種と旧機種が入り交じり、旧機種がやや浮上する動きが見られる。

 首位は前回と変わらずカシオ計算機製の「EXILIMケータイ W63CA」が獲得。連続首位記録を「5」に伸ばし、キャリア総合ランキングにおいてもau端末で唯一ランクインするほど好調に売れている。

 続いて2位に、こちらも変わらずシャープ製の「AQUOSケータイ W64SH」、3位に同じくシャープ製の「W62SH」(前回9位 2008年夏モデル)、4位に日立製作所製の「Woooケータイ W62H」(前回3位 2008年夏モデル)、5位に同じく日立製作所製の「Woooケータイ W63H」(前回4位)が入った。

 今回はW62SHが前回の9位から3位に大きく浮上。東芝製の「W62T」やソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「フルチェンケータイ re」といった2008年夏モデルもそれぞれ2つ順位を上げた。対して、新機種のWoooケータイ W63Hやソニー・エリクソン製の「W64S」、東芝製の「W65T」が順位を下げ、ドコモ端末と似た「旧機種が浮上」の傾向が若干見られた。

 なお、2008年最後のモデル「Walkman Phone, Xmini」が23日から26日にかけて発売された。次回の初登場順位に期待したい。

 ちなみにKDDIは、auの2009年春商戦向けモデルを「2009年1月に10数機種発表する」ことを示唆している。また、auもドコモと同じように端末命名ルールを変更すると言われており、「CA001」や「H001」といった型番の端末がJATE(電気通信端末機器審査協会)の審査を通過した。2008年は1月28日に春モデルが発表されたが、2009年はいつ頃になるだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう