第1回 SIMなしでワンセグ視聴できる?──「P-01A」「P-01A」の“ここ”が知りたい(1/2 ページ)

» 2009年01月13日 20時35分 公開
[岩城俊介,ITmedia]
photophoto Wオープンと2WAYキーが特徴の「P-01A」

 ディスプレイが横向きにも開く“Wオープンスタイル”と、開く向きと連動してダイヤルキーの表示や配置が変化する“2WAYキー”が特徴のパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P-01A」。PRIMEシリーズを中心に採用例が増えたタッチパネルやタッチセンサー、光TOUCH CRUISERといった新たな操作デバイスは搭載しないが、横向きのまま文字も入力できるようにした2WAYキー+横UI(ユーザーインタフェース)とともに、慣れ親しんだ十字キー+ダイヤルキーで操作できる。逆ヒンジの採用で、背面パネルもすっきりした造形になった。

質問:FOMAカードなしでワンセグを視聴できる?

photo  

 P-01Aに限らず、ドコモのワンセグ端末は2008年冬モデルからFOMAカード(UIM/USIMカード)の装着なしでワンセグ機能を利用できるようになった。番組表アプリ(Gガイド番組表リモコン)など、データ通信を利用する機能は使えなくなるが、視聴や録画、データ放送の受信といったワンセグの基本機能は普通に使用できる。

 ちなみにドコモのワンセグ1号機「P901iTV」(2006年3月発売)はFOMAカードなしでも視聴可能だったが、続くワンセグ端末は有効なFOMAカードを装着しないとワンセグは視聴できなかった。この制限は2008年冬商戦向けのau端末やソフトバンクモバイル端末も同様で、ソフトバンクモバイル端末はUSIMがないとワンセグはおろか、操作全般も基本的に行えないようになっている。

 この緩和は、「今までは番組表アプリなど、データ通信と連動する機能があったのでワンセグ機能もFOMAカードを必要としていたが、“端末は購入者個人の所有物”という概念で、ユーザーの要望や現状のニーズを鑑みて2008年冬モデルから制限を外すことにした」(ドコモ広報部)とのことだ。

photophoto FOMAカードを装着しなくてもワンセグを視聴できるようになった。このほか、今までどおり、通信を用いずローカル動作で完結する機能──音楽プレーヤーやカメラ、アドレス帳やデータフォルダの閲覧──なども使用できる
photophoto インターネット経由で番組表を取得する「Gガイド番組表リモコン」アプリなどは使用できない。手元にあったシャープ製端末「SH-01A」「SH-03A」などでもFOMAカードなしでワンセグ機能が使えた
photophoto au ICカードなしのau端末(例は「AQUOSケータイ W64SH」)では、ワンセグは視聴できない。ソフトバンクモバイル端末は(例は「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」)、USIMカードがないとワンセグを含む基本機能すべてが操作できなかった
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月12日 更新
  1. 「モバイルSuica/PASMO」の誤解を解説 バッテリー切れだと使えない? クレカなしだと定期を買えない? (2024年04月11日)
  2. “ECに弱い”ドコモがAmazonと再びタッグを組む理由 「dポイントがAmazonで使えるのは“初めて”」で誤解も (2024年04月10日)
  3. ドコモ、Amazonの買い物でdポイントを最大3.5%還元 Amazonプライム利用で120ポイント還元も (2024年04月10日)
  4. 「消しゴムマジック」などの編集機能、ほぼ全ての「Google フォト」ユーザーに解放 (2024年04月11日)
  5. トーンモバイルは“自社スマホ”をやめるのか? 石田社長に聞く「TONE IN」と「エコノミーMVNOの成果」 (2024年04月09日)
  6. ソニーのイメージセンサー“STARVIS 2”を採用した高画質4Kドラレコ「70mai Dash Cam 4K A810」を試す (2024年04月12日)
  7. LINEやメッセージの文末に「。」を付ける理由/付けない理由:読者アンケート結果発表 (2024年04月10日)
  8. ライカのスマホ「Leitz Phone 3」4月19日発売 可変絞りやゆがみ補正機能に対応、ソフトバンクが独占販売 (2024年04月11日)
  9. JR東日本がネット銀行「JRE BANK」を5月9日開始 運賃割引や無料のSuicaグリーン券など (2024年04月10日)
  10. Apple、日本を含む世界の一部ユーザーにスパイウエアの「脅威の通知」 (2024年04月12日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年