レビュー
» 2009年03月23日 19時35分 公開

「Cyber-shotケータイ S001」の“ここ”が知りたい:第3回 W61Sからどこが変わった?(カメラ編)――「Cyber-shotケータイ S001」 (2/2)

[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2       

質問:カメラの操作性はどうか

 撮影時のUI(ユーザーインタフェース)や操作性は基本的にW61Sを継承しているが、いくつか細かいところで変更点が見られた。まず、ズームやAFロック、撮影サイズの変更、サブメニューの呼び出しなど、十字キーとソフトキーに割り当てられた機能がすべて変更された。十字キーの上下にズーム、EZキーにAFロックを割り当てるau端末が多いので、それらの機種に合わせたと思われる。

十字キーとソフトキーの操作
十字キー上 十字キー下 十字キー左 十字キー右 アプリキー EZキー アドレス帳キー メールキー
S001 ズーム(望遠) ズーム(広角) フラッシュ フォーカス設定 サブメニュー AFロック ムービー 撮影サイズ
W61S フォーカス設定 フラッシュ セルフタイマー 撮影サイズ ズーム(広角) ズーム(望遠) サブメニュー AFロック
photo 壁紙モードの撮影画面(左がS001、右がW61S)
photo カメラモード(W61Sでは「デジカメモード」)の撮影画面(左がS001、右がW61S)
photo カメラ撮影時のショートカット割り当て(左がS001、右がW61S)

 またW61Sでは、デジカメモードやムービーなどの「カメラモード」は、サブメニューの「設定」にある「撮影」タブから変更する仕様だったが、S001では、サブメニューの第1階層から変更できる。

photo 「カメラモード」は第1階層から呼び出せるようになった。

質問:ほかの操作中でもカメラを起動できるか

 W61Sでは、ほかの機能の起動中でも、側面のカメラキーの短押しでカメラを起動できたが、S001はどうだろうか。

 S001のカメラは、サイドキーの短押しではなく、待受時にレンズカバーを開けることで起動する。ただし、フォトビューアーと音楽付きスライドショー以外の操作中にレンズカバーを開けてもカメラは起動しない。レンズカバーを開けてカメラを起動するには、いったん待受画面に戻る必要があるので、W61SのようにメールやWebサイトを見ながら素早くカメラを起動、という使い方はできない。

 また、側面のシャッターキーは「カメラ起動」が割り当てられていないので、レンズカバーを開けたまま待受画面に戻り、シャッターキーを押してもカメラは起動しない。

質問:撮影中にキーは光るか

 S001は、カメラ起動時に特定のキーが光るのだろうか。W61Sはカメラを起動すると、シャッターキー周辺が青色に点灯するほか、ズームに使うアプリキーとEZキーの左側(横に持つと下側)にある、ズームを示す「W」と「T」の文字が青色に点灯する(W61Sの過去記事を参照)。一方、S001はカメラを起動してもキーの周辺は光らない。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう