インタビュー
» 2016年02月01日 06時00分 公開

「Pokemon GO」に不安の声? Ingressベテランエージェントが抱く危機感Ingress覆面座談会(後編)(2/3 ページ)

[すずまり,ITmedia]

若者が増えたら……「Pokemon GO」でカオスの予感

村上 これまで衝撃的なお話をいろいろ聞いてきましたが、これはイングレスあるあるネタなんですか? 実は私もレベル8まで頑張ってプレイしたんですけど、基本的に1人だからトラブルに遭遇したことは1度もないんです。嫌な思いを全くすることなく、平和にエージェント人生を終えました。

リチャ 終わったんですか!(笑)

村上 裏を返せば、リアルな交流がなかったので、トラブルがない代わりに楽しさもない。モチベーションが続かなくて、飽きちゃったんですね。

スマートウォッチ スマートウォッチと連携できる

BBA 人間関係の難しさは、職場や学校、サークルでも同じですよね。上下関係がない分、仕事よりはゆるいかなと思うくらいで。

リチャ 異性への付きまとい、エージェント間の認識の違い、割とどれもイングレスあるあるですよね。

マイコン 前からずっとある問題ですね。なくなる気配もあまりない。

BBA 比較的新しいトラブルだと、クロスファクションのイベント(両陣営間が交流するイベント)を記念したミッションを作るときに、作成者が自陣に有利なものを作っちゃったことがありました。敵陣からすると、「なんでそんな嫌がらせをするの?」と。

マイコン 問題は、多分これからですよ。この間、アノマリー(両陣営の勝敗を決める公式戦)がニコニコ生放送で配信されたんですけど、ライトユーザーっぽい人たちのコメントがすごく新鮮で。こういう層がわーっと入ってくると、また全然違う雰囲気になっていくんだろうなと思いました。

アナログ 新しい層が入ってくると、変なローカルルールができますよね。

リチャ 昔のmixiでも、足あとだけ付けて何も書かないのは失礼だ! みたいな人いましたよね(笑)。

BBA ライトユーザーがバーンと増えたら、アイテムあげるからとか言って女の子を誘い出すナンパとか当たり前になりそう!

マイコン で、会ってみたらおっさん同士だったみたいな(笑)。

村上 LINEやTwitterもよく出会いの温床としてやり玉に挙げられますね。そういえば、イングレスではあまり若者が炎上したとか聞かないですね。

BBA 比較的年配のユーザーが多いので、バイト先の冷蔵庫に入っちゃうとか、「注目されたい、面白いと思われたい」という理由で後先考えずにはっちゃける人はいないですね。みんな職場があって家族がいて守るものがたくさんあるので、やんちゃはできません。

 一方で、イングレスを通じて付き合ったとか、結婚したとか、そういう明るい話題もあります。

トレッカー みんながコミュニティーに入って、何かあればモデレーターが解決するという従来のやり方が、当たり前じゃなくなってくるでしょうね。そのうえで、ナイアンティックがどういう窓口を設けて、ユーザーをサポートしていくのか。

リチャ モデレーターもプライベートを犠牲にしているのだから、対応しきれなくなりますよね。

アナログ あとこれから起こりそうなのは、これまで野良エージェントとして活動していた人が、個別で何か組織を立ち上げて、知らない間に組織間で対立関係ができるとか。今のコミュニティーはGoogle+とかで存在を把握できますけど、知らないところでいろいろな団体が立ち上がっていくだろうなと。

イベント 大規模なリアルイベントでは多くのエージェントが駆けつける

リチャ 良識と経験のある大人なら清濁併せのめますけど、全く価値観の違う人たちが入ってくるとどうなるんだろうとは思います。会社でも「最近の若いもんは〜」みたいなこと良く言いますけど、それに近い感じです。

 この間も、悪びれることもなく複数アカウントを使っていることを自慢している人がいて、「いや、それルール違反なんだけど」っていう。

BBA 結局、紳士協定しかないので、それを破る人がいてもそれを罰したりとがめたりはできないんです。

アナログ 今あるトラブルでも、あまりに問題のある人はモデレーターの前でアカウントを削除させるとかしてるんですけど、また取得すればいいだけだから根本的な解決になってないんですよ。

化石 ユーザー同士に解決させるのは酷ですよね。

BBA ただ、殴る蹴るというそもそも法律違反な行為と、位置偽装や複数アカウントなどのゲーム上の違反を同列にしてはいけないですよ。でも、ガチなエージェントにとってはそれらは同じ犯罪で区別ができない。

アナログ 逆になっている人がいますよね。複アカには猛烈に怒るのに、付きまといくらいは我慢すればよくない? とか。ちょっと待って、そうじゃないんだってば! って。

村上 現時点でもいろいろな問題があるようですが、「Pokemon GO」(ポケモンを捕まえる位置情報ゲーム)がリリースされると若者や新規ユーザーが一気に増えますよね。そのとき、一体どんなカオスな世界が待っているのか……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう