速報
» 2018年11月29日 08時54分 公開

InstagramにAI採用の視覚障害者向け音声キャプション「自動代替テキスト」追加

Instagramが、視覚障害者向けに写真のキャプションを読み上げるサービスを追加した。AIが物体を認識して説明を自動生成する他、ユーザーが投稿時に「代替テキスト」を入力することもできる。親会社であるFacebookには2016年からある機能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のInstagramは11月28日(現地時間)、視力障害を持つユーザーのための新機能「自動代替テキスト」を発表した。

 AI(人工知能)の物体認識テクノロジーにより、写真の説明を自動的に生成し、スマートフォンで音声読み上げサービスを利用しているユーザーのフィード、発見、プロフィールで説明を読み上げる。この機能は親会社であるFacebookでは2016年から使えるようになっている。

 instagram 1 Facebookヘルプの「自動代替テキスト」説明

 また、音声読み上げ用のキャプションをユーザーが入力しておくこともできるようになった。投稿画面でフィルターを選んで「次へ」をタップし、「詳細設定」をタップすると「代替テキスト」という項目が表示されるようになるので、これをタップして説明を入力して「完了」をタップする。

 instagram 2 代替テキストの入力

 本稿執筆現在、筆者の環境ではまだ「代替テキスト」項目は表示されないが、ローリングアウトしていく模様だ。

 Instagramによると、現在世界には2億8500万人以上の視覚障害者がいるという。同社は今後も障害者向けの機能を強化していくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう