コラム
» 2018年12月12日 17時00分 公開

選択肢豊富な「ストリーミング音楽」 どんなサービスがある? (3/3)

[小林誠,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

Amazon Music Unlimited:Amazonプライム会員やAmazon Echo所有者にお勧め!

 「Amazon Music」は、Amazonが提供する音楽配信サービス。基本的にはAmazon.co.jpで購入した音楽コンテンツを聴くためのアプリだが、「Amazon Music Unlimited」を契約すると、4000万曲以上の音楽が聴き放題になる。

Amazon Music Amazon Musicアプリ(Android版)

 月額料金は個人利用プランが980円、最大6人で同時利用できるファミリープランが1480円。ただし、Amazonプライム会員については個人利用プランを200円引き(月額780円)で利用できる他、10カ月分の料金で1年間利用できる年額プランも選択できる(個人利用:7800円、ファミリー:1万4800円)。

 「とりあえずスマートスピーカーで聴ければいい」と割り切れる場合は、Amazon Echoユーザー専用の「Echoプラン」も用意されている。聴ける音楽に違いはなく、月額380円とおトクだ。

 筆者独自調査では、99アーティスト中83組対応となった。まずまずの結果だ。

 なお、Amazonプライム会員には特典として「Prime Music」という追加料金なしで使える音楽聴き放題サービスもある。こちらの聴き放題対象は100万曲程度となるため(これでも十分かもしれないが)、より幅広い音楽を聞きたい場合はMusic Unlimitedを契約すると良いだろう。

Spotify:フリープランが強力! データ節約モードもあり

 「Spotify」はストリーミング音楽配信サービスの定番中の定番。広告が流れるものの、フリープランでも4000万曲をフルサイズ再生できるという点が大きな魅力だ。

Spotifyアプリ Spotifyアプリ(iOS版)

 有料プランを契約すると、広告なし、オフライン(ダウンロード)再生、高音質再生ができるようになる。有料プランは以下の種類を用意している。

  • プレミアムプラン(1ユーザー):月額980円
  • 学割プラン(1ユーザー):月額480円(在学証明書の提示が必要)
  • ファミリープラン(6ユーザーまで利用可):月額1480円

 通信量を節約できるデータ節約モードもあるため、通信料金を抑えたい人にはありがたい。

 音楽コンテンツには民族音楽もあり、プレイリストも20億個以上ある。筆者独自調査では99アーティスト中83組対応と、一見するとパッとしないが、小田和正さんの曲に対応していることは魅力(他にはLINE MUSICしか対応していない)。

うたパス:リアル連携に強みあり!

 「うたパス」は、KDDIが提供する音楽配信サービス。以前はau(KDDIと沖縄セルラー電話)ユーザー限定のサービスだったが、auを契約していない人でも「Wow!ID」を取得すれば利用できるようになった。月額料金は毎月10曲ずつ楽曲をダウンロードできるMyうたプラスプランが540円、ストリーミング配信のみ対応するベーシックプランが324円となる。

うたパス うたパスアプリ(Android版)

 うたパスでは4000以上のプレイリストが用意されている。会員限定のライブイベント配信やアーティストの好きな曲を流すチャットイベントなど、リアルとの連携に強みを持っている。

 今回の筆者独自調査では、聴き放題では99アーティスト中84組の楽曲が見つかった……のだが、アーティストの検索が若干弱い印象。洋楽はほぼ網羅できているものの、カタカナ検索だとヒット率低くなってしまう(他のサービスだとカタカナ対応もある程度している)。ここは改善してほしい。

KKBOX:日本以外のアジア圏の音楽を探したいあなたに

 「KKBOX」は、KDDIグループの台湾KKBOXが提供する音楽配信サービス。2011年6月に「LISMO unlimited powered by レコチョク」として登場し、2013年6月からマルチキャリア対応をした上でサービス名を現行のものに改めたという経緯を持つ。プレミアムプランの月額料金は980円で、1カ月間の無料体験が可能だ。

KKBOX KKBOXアプリ(iOS版)

 プレミアムプランでは最大320kbpsの高音質配信4000曲までのオフライン再生を利用できる。先述のうたパスと同じく、チャットやライブ配信などリアルとのつながりを強みとしている。

 ただし、筆者独自調査では、聴き放題に対応しているのは99アーティストのうち78組にとどまった。邦楽にポツポツと穴があるのが残念だ。

 ただし、台湾、香港、東南アジアといったKKBOXが展開する他のアジア圏の楽曲は充実しているので、これらの国・地域の音楽を楽しみたいという人は試してみるとよいだろう。

ANiUTa:アニメやゲームに特化!

 「ANiUTa」は、アニメソングやゲーム音楽に特化した定額ストリーミングサービス。月額料金は600円で、初回申込から1カ月間は無料で使える。

ANiUTAアプリ ANiUTaアプリ(Android版)

 配信曲のラインアップはアニメやゲームのサウンドトラックが中心。それゆえに、筆者独自調査の99アーティストチェックでは、わずか5組しか対応していなかった。特に洋楽のアーティストは全滅で、邦楽もアニメや特撮、ゲームの音楽に携わった子門真人さん、globe、浜崎あゆみさん、NMB48、EXILEのみだった。

 だが一方で、特化しているがゆえにアニソンやゲームの曲を聴きたい人には最適なサービスともいえる。インストール後、起動してすぐに利用できるので、試聴も簡単だ。

SMART USEN:ラジオライクに楽しむサービス

 「SMART USEN」は、U-NEXTが提供する音楽配信サービス。今まで紹介してきたサービスと異なり、基本的には配信される番組内で音楽を楽しむ「ラジオ型」のサービスとなっていて、アーティスト名での検索は一部の番組でのみ対応する。月額料金は529円だ。

SMART USENアプリケーション SMART USENアプリ

 アーティスト検索が原則できないため、筆者独自調査では99アーティスト中0組対応……ということになるが、実際は1000を超える番組の中で、多くのアーティストの曲が聴けるようになっている。自分でプレイリストを作るのではなく、プロが選曲して作成した番組を聴く、まさに「アプリでUSEN(有線放送)」というサービスだ。

 なお、アプリインストール直後の3日間は、登録操作なく無料で全番組を試せる。さらにアカウント登録後も14日間は無料で試すことができる。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう