トップ10
» 2019年01月15日 20時00分 公開

Mobile Weekly Top10:PayPay祭り 今度は店舗でのポイントバック/2019年のモバイル注目トピックは?

わずか10日で終わってしまった、PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」。しかし、今度は家電量販店のポイントという形で新たな“祭り”が始まりました。

[井上翔,ITmedia]

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、2018年12月17日から12月23日までのアクセスを集計し、ランキング化しました。

PayPay祭り PayPay決済時限定でポイント

 ランキングの1位は、2019年に入って一部の家電量販店で始まった「PayPay」限定のポイントアップ(ボーナスポイント付与)キャンペーンに関する記事です。

 PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」は、わずか10日で終了(参考記事)。そのポイントバックが1月10日から始まったことから、それを狙ったキャンペーンだと思われます。

 筆者の回りでも、ポイントバック分を使っておトクに買い物している人がいます。ただし、ランキング4位の記事にもあるように、残高不足だと別に設定した支払い方法(Yahoo!マネーまたはクレジットカード)で支払われてしまうという問題もあります。

 サービスが始まってそれほどたっていないPayPayですが、“ユーザー目線”でもっと使いやすくしてほしいところです。

ドコモのスケジュール NTTドコモは2019年9月に5Gのプレサービスを開始予定(周波数帯割り当てが前提)

 5位には、2019年のモバイル業界で注目すべきポイントを解説した記事がランクインしました。

 2019年はネタが満載です。NTTドコモは2019年度第1四半期(4〜6月)に新料金プランを発表する予定で、9月には周波数帯の割り当てを前提に「5G(第5世代移動体通信システム)」のプレサービスを開始する予定です。

 料金面では、ドコモ値下げの動きにau(KDDI・沖縄セルラー電話)やソフトバンクが追随するのかどうかが焦点。5Gのプレサービスでは、どのような形でサービス展開が行われるかがポイントです(米国では固定回線の代替用途からスタートしています)。

 さらに、10月には楽天モバイルネットワーク(RMN)が“第4のキャリア”としてMNO(自ら無線設備を持つキャリア)となる予定です。世界的には、第4のキャリアがある国・地域ではサービス面や料金面での競争が活発になる傾向にあります。RMNの参入で、日本のモバイル業界が楽しくなることを期待したいです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう