ニュース
» 2019年01月21日 13時50分 公開

ソフトバンクとY!mobileが「VoLTE国際ローミング」に対応 韓国SKTelecomのエリアから

ソフトバンクとY!mobileのVoLTE対応スマートフォン・ケータイが、海外でのVoLTE通話に対応。まず韓国SK Telecomエリアから利用できる。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは1月21日(日本時間)、「VoLTE国際ローミング」の提供を開始した。同ソフトバンク(SoftBank)とワイモバイル(Y!mobile)両ブランドのVoLTE対応機種において、対応キャリアにローミング(接続)すると、追加料金なしで利用できる(※)。

※ 提携キャリアごとに定められたローミング通話料金は必要

お知らせ ソフトバンクからの告知

 VoLTE国際ローミングは、海外渡航先でもVoLTEを使って通話を発着信できるサービス。ソフトバンクまたはY!mobileのVoLTE対応機種同士の通話であれば、「国内と海外」「海外と海外」をつないだ通話でも高音質通話(HD/HD+)にも対応する。

 サービス開始日(1月21日)時点では、韓国SKTelecomのみ対応するが、ソフトバンクでは同サービスに対応するローミング先キャリアを順次拡大するとしている。

 なお、同一内容のサービスは、NTTドコモが2015年10月から、au(KDDI・沖縄セルラー電話)が2016年6月から、それぞれ開始している。

利用に当たって「ローミング先」の指定が必要になることも

 国際ローミング時のローミング先キャリアは、原則として自動的に決定される。しかし、渡航先において複数のローミング先が用意されている場合、ローミング先によってはVoLTE国際ローミングを利用できない(3G/GSMによる音声通話となる)

 「どうしてもVoLTE国際ローミングを使いたい!」という場合は、ローミング先のキャリアを手動で指定(固定)する必要がある。設定方法については、利用中の機種の取扱説明書などを参考にしてほしい。

韓国の場合 韓国において、ソフトバンクは「KT」「SK Telecom」の2社とローミング契約を結んでいる。KTと接続した場合は、VoLTE国際ローミングを利用できないので注意

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう