調査リポート
» 2019年03月05日 20時25分 公開

小中学生のスマホ・ケータイ所有率 中学生は65%、ほぼスマホを所持

NTTドコモの企業内研究所であるモバイル社会研究所が、小中学生のスマホ・ケータイ所有率に関するレポートを発表した。全体の所有率は小1〜小2は21%、小3〜小4は40%、中1〜中3は65%まで上昇。そのうち、中学生はほとんどがスマホを所持していることが分かった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモの企業内研究所「モバイル社会研究所」は3月5日、小中学生のスマホ・ケータイ所有率に関するレポートを発表した。調査対象は関東1都6県に在住する小中学生の子どもとその保護者500組で、調査時期は2018年9月。

 この調査によると「スマートフォン」と「フィーチャーフォン」を合わせた全体の所有率は、小学1年生〜小学2年生は21%、小学3年生〜小学4年生は40%、中学1年生〜中学3年生は65%まで上昇。所有している機種の構成比では、小学生はフィーチャーフォンが多いものの小学3年生〜小学4年生ではスマートフォンが増加し、中学生はほとんどがスマートフォンを所持していることが分かった。

Photo スマホ・ケータイの所有率(小学生は2学年毎、中学生は3学年毎)
Photo 学年ごとのスマホ・ケータイの所有率

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう