速報
» 2019年03月12日 10時57分 公開

SlackのiOS/Androidアプリ、「ダークモード」設定が可能に

コラボレーションアプリのSlackでダークモードの設定が可能になった。まずはiOSおよびAndroidアプリでのみ可能だが、将来的にWebアプリにも追加する。「Settings」で切り替えられる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 企業向けコラボレーションツールの米SlackのiOSおよびAndroidアプリが、3月11日のアップデートで「Dark Mode(ダークモード)」の設定が可能になった。

 App Storeに「皆さんから要望の声が多かったダークモードが、遂にモバイル版に登場!設定メニューからダークモードのオン/オフを切り替えられるようになりました。現時点では、この機能はモバイルのみとなっていますが、将来的にはデスクトップでも利用可能となる予定です」とある。

 アプリ右上の縦3点メニュー(Androidアプリの場合)をタップし、プルダウンメニューから「Setthings」→「Dark Mode」を選択すると「再起動が必要です。ダークモードへの切り替えではアプリが再起動します」と表示され、「CONTINUE」をタップすると切り替わる。

 slack 1

 トグル式なので、同じ操作で通常モードに戻せる。

 slack 2

 説明にもあるように、将来的にはWebアプリ版でもダークモードに設定できるようになる見込みだ。

 ダークモードは、周囲が暗い夕方などに画面だけが明るいと目が疲れるため、目に優しくすることを目的とした画面の表示方法。モバイルではバッテリー消費を軽減できるというメリットもある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう