ニュース
» 2019年07月05日 16時33分 公開

京セラの高耐久携帯、世界で累計出荷1000万台を突破

京セラは、同社の高耐久ケータイとスマートフォンの世界累計出荷台数が1000万を突破した。「Dura」「TORQUE」シリーズなど北米を皮切りに世界各地で製品化し、11年で達成となった。国内最新モデル「TORQUE G04」は8月下旬に発売する予定。

[エースラッシュ,ITmedia]

 京セラは、同社の高耐久ケータイとスマートフォンの世界累計出荷台数が、1000万を突破したことを発表した。

Photo 高耐久携帯・スマホシリーズの世界累計出荷が1000万台を突破

 京セラは、三洋電機から事業承継した2008年4月から「Dura」シリーズや「TORQUE」シリーズなどを、北米、日本、中南米、欧州、韓国など世界各国で製品化してきた。耐衝撃、防水・防塵(じん)といった高耐久性能を特徴としている。

 建設業、運輸業、警察などの法人利用やアウトドアでの利用でも壊れにくく、長く安心して使えると評価され、11年間で累計1000万台を突破。主なラインアップは「SCP-7050」「DuraXT」「TORQUE」「TORQUE G02」「DuraForce PRO 2」など。

 8月下旬には、高耐久モデルの開発で培った技術を生かした国内最新モデル「TORQUE G04」を発売する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう