ニュース
» 2019年05月13日 10時30分 公開

auの2年ぶりタフネススマホ「TORQUE G04」 よりハードな耐久試験をクリア【写真追加】

KDDIが、京セラのタフネススマートフォン「TORQUE G04」を発売する。防水、防塵(じん)、耐衝撃などに加えて、ディスプレイに銅球を落下させる試験もクリアしている。2400万画素の背面カメラで背景をボカした写真が撮影できる。

[金子麟太郎, ITmedia Mobile編集部,ITmedia]

 KDDIが、京セラのタフネススマートフォン「TORQUE G04」を2019年8月下旬に発売する。カラーはブルー、レッド、ブラック。

 TORQUE G04は、2017年6月に発売した「TORQUE G03」の後継モデルで、2年ぶりの新機種となる。米国国防総省が定める耐久試験(MIL-STD-810G)と、京セラ独自の耐久試験を含めた27項目をクリアしている。

TORQUE G04 京セラ製の「TORQUE G04」
TORQUE G04 左からブルー、レッド、ブラック

 防水、防塵(じん)、耐衝撃、耐海水、温度耐久、耐振動、低圧対応、防湿、耐日射、耐氷結などをサポートし、新たに連続落下や100gの銅球をディスプレイ中央に落下させる試験、2.0m/60分の耐海水、温水シャワーの試験もクリアしている。

 カメラ機能も強化されており、手ブレと暗所に強くなったという。背面に約2400万画素と800万画素のカメラを搭載し、被写体との距離が10cmでも背景をボカしたマクロ撮影が行える。フォーカスを合わせたい箇所を選択することで、撮影後でもぼかし具合を変更することが可能。さらに、ぼかしの濃淡や特定部分のみをぼかすといった編集や、ぼかしの効果を選択できる。

 速度や移動距離、経路情報などをカメラの画面に表示して動画や静止画を撮影できる機能「Action Overlay(アクションオーバーレイ)」も引き続き搭載している。

 カラビナ付きでリュックなどにぶら下げて使えるTORQUE G04専用の「ハードホルダー」もau+1collectionとして販売される。

TORQUE G04
TORQUE G04 3色の展示機(ブルーのみモックアップ)
TORQUE G04
TORQUE G04
TORQUE G04
TORQUE G04 上下どちらの向きでも端末を操作できるよう、2つのストラップホールを搭載している
TORQUE G04
TORQUE G04
TORQUE G04 au +1 collectionから、純正のハードホルダー(ブラック)を販売する
TORQUE G04 側面のダイレクトボタンを長押しすると、あらかじめ設定したアプリを呼び出せる
「TORQUE G04」の主な仕様
機種名 TORQUE G04
メーカー 京セラ
OS Android 9.0
プロセッサ Snapdragon 660
メインメモリ 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
ディスプレイ 約5.0型フルHD
連続通話時間 測定中
連続待受時間 測定中
バッテリー容量 2940mAh(暫定値)
アウトカメラ 有効約2400万画素CMOS(標準)+有効約800万画素CMOS(広角)
インカメラ 有効約800万画素CMOS
ボディーカラー ブルー、レッド、ブラック
サイズ 約73(幅)×150(高さ)×13.4(奥行き)mm(暫定値)
重量 約203g(暫定値)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう