今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年10月04日 16時25分 公開

無料送金アプリ「pring」、複数のアカウントを使い分けられる「マルチフェイス」に対応

無料送金アプリ「pring」が、10月4日に所属コミュニティや利用シーンによってアカウントの使い分けができる「マルチフェイス」に対応。アイコン、ニックネーム、プリンIDをアカウントごとに設定できる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 無料送金アプリ「pring」は、10月4日に所属コミュニティや利用シーンによってアカウントの使い分けができる「マルチフェイス」機能を提供開始した。

無料送金アプリ「pring」に「マルチフェイス」機能が登場 「マルチフェイス」機能が登場

 pringは、アプリのトップページから相手を選び、金額とメッセージを入力して送信するチャット感覚の送金アプリ。お金は銀行口座に戻したり、全国2万5000台以上あるセブン銀行ATMで現金として引き出したりたりできる。

 マルチフェイス機能では1人のユーザーがアプリ内で複数のアカウントを作成でき、アイコン、ニックネーム、プリンIDをアカウントごとに設定できる。マイページ右上の「+」をタップし、好きなニックネーム・プリンID・任意のアイコンを設定して「アカウントを追加する」をタップすれば作成できる。

無料送金アプリ「pring」のサブアカウントの作り方 サブアカウントの作り方

 サブアカウントはマイページから管理でき、1ユーザーはメイン・サブ合わせて3つまで保有できる。銀行口座・ATMからの入出金はメインアカウントを通じて行う他、電話番号はメインアカウントとひも付くようになっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう