ニュース
» 2019年10月29日 09時50分 公開

アクティブノイズキャンセリング対応の「AirPods Pro」が10月30日に登場 2万7800円

Appleのワイヤレスイヤフォン「AirPods」に上位モデルが登場。シリコン製のイヤチップを装着するスタイルとなり、新たにアクティブノイズキャンセリング機能を搭載した。

[井上翔,ITmedia]

 Appleは10月30日、ワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」を発売する。Apple Store(Web、店頭)での販売価格は2万7800円(税別)となる。店頭での販売開始は、同日が属する週の後半となる見込みだ。

AirPods Pro AirPods Pro

 AirPods Proは、「AirPods」の上位製品という位置付け。耳への装着がイヤチップを介して行う形態となった。イヤチップは3サイズを付属している。

イヤピース 耳への装着はイヤチップ経由に。イヤチップは3サイズを付属する

 アクティブノイズキャンセリング機能も搭載していることも特徴。左右それぞれのイヤピースに付いている2つのマイクロフォンが周囲のノイズを拾い、1秒間に200回の間隔で音信号を調整するという。「外部音取り込みモード」も備えている。

 低音域と中音域を自動調整する「アダプティブイコライゼーション」にも対応している。イヤピースのドライバーとアンプは専用設計だ。

イヤピース イヤピース(イヤフォン本体)の内部構造の図。ドライバーとアンプは専用設計だ

 イヤピースはIP4X等級の耐水・耐汗設計となっている。満充電からの連続時間は最大4.5時間(※1)、連続通話時間は最大3.5時間。付属の「Wireless Charging Case」と組み合わせると、24時間以上の連続再生と18時間以上の連続通話を実現する。

 Wireless Charging Caseは、Qi規格でのワイヤレス充電と、Lightning端子での充電の両方に対応。USB Type-CタイプのLightningケーブルが付属する。

※1 アクティブノイズキャンセリング機能と外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間

ケース 付属のWireless Charging Case

 AirPods Proは最新OSをインストールした以下のデバイスで利用できる。ただし、一部のiPhone/iPadでは「オーディオ共有」が利用できない場合がある。

  • iPhone(「iPhone 6s」以降)
  • iPod touch(第7世代)
  • iPad(第5世代以降)
  • iPad mini(第4世代以降)
  • iPad Air(第2世代以降)
  • iPad Pro
  • Apple Watch(Series 1以降)
  • Mac(おおむね2012年以降に発売されたモデル)
  • Apple TV HD/4K

 通信はBluetooth 5.0で行うため、上記デバイス以外でもワイヤレスイヤフォンとして利用できる。ただし、機能に制限がかかる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう