プロナビ
ニュース
» 2019年11月12日 17時29分 公開

ソフトバンク、11月15日に法人向けスマホ「DIGNO BX」「AQUOS sense3 basic」発売

ソフトバンクは、11月15日に法人向けスマートフォンとして耐久性に注力した「DIGNO BX」、4000mAhのバッテリーを搭載した「AQUOS sense3 basic」を発売する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクは、11月15日に法人向けスマートフォン「DIGNO BX」と「AQUOS sense3 basic」を発売する。

ソフトバンクの法人向けスマートフォン「DIGNO BX」ソフトバンクの法人向けスマートフォン「AQUOS sense3 basic」 法人向けスマートフォン「DIGNO BX」(写真=左)、「AQUOS sense3 basic」(写真=右)

 京セラ製のDIGNO BXは、防水・防塵(じん)性能に加え、米国国防総省調達基準「MIL-STD-810G」に準拠。落下や振動、高温環境/低温環境などさまざまなビジネスシーンで活用できる。手袋をしたまま操作可能な「グローブタッチ」、濡れた画面や手でも扱える「ウェットタッチ」に対応し、Googleが企業向けの高い要件を満たすと認めた「Android Enterprise Recommended」も受けている。

 OSはAndroid 9、プロセッサは「Snapdragon 429(4コア/2.0GHz)」、ディスプレイは約5.65型HD+(1440×720ピクセル)、メインメモリは3GB、ストレージは32GB。アウトカメラは有効画素数約800万画素、インカメラは有効画素数約200万画素、バッテリー容量は2800mAh、カラーはブラック。

 シャープ製のAQUOS sense3 basicは、IGZO 液晶ディスプレイと4000mAhのバッテリーで長時間の電池持ちを目指した。屋外でも画面が見やすい「アウトドアビュー」機能も備える。急速充電に対応した充電器が不属する。防水・防塵(じん)をはじめ米国国防総省基準(MIL-STD-810H)の19項目に準拠する堅牢(けんろう)性を確保し、医療機関での使用を想定したシャープ独自の耐薬品性能などの試験も実施している。

 OSはAndroid 9、プロセッサは「Snapdragon 630(8コア/2.2GHz+1.8GHz)」、ディスプレイは約5.5型フルHD+(2160×1080ピクセル)、メインメモリは3GB、ストレージは32GB。アウトカメラは有効画素数約1200万画素、インカメラは有効画素数約800万画素、カラーはシルバー。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう