連載
» 2020年01月04日 10時00分 公開

山根康宏の海外モバイル探訪記:書き味よいM-Pencilが使える「MatePad Pro」はiPad Pro対抗のビジネスモデル

Huaweiが中国で発売したタブレット「MatePad Pro」は、キーボードやペンも使え、iPad Proの対抗製品として出てきたモデルといえます。Huaweiのハイエンドモデルと同じく、プロセッサにKirin 990を搭載。バッテリーは7360mAhと大型で、しかも他の端末をワイヤレスで充電できるリバースチャージにも対応しています。

[山根康宏,ITmedia]
MatePad Pro キーボードカバーとペンが使えるMatePad Pro

 Android系のタブレットはHuaweiが多数の製品を出しています。中国で発売された最新モデル「MatePad Pro」は、同社のノートPC「MateBook」と同じ「Mate」の名前を冠した製品。キーボードやペンも使え、iPad Proの対抗製品として出てきたモデルといえます。

 最大の特徴は、Huaweiのハイエンドモデルと同じく、プロセッサにKirin 990を搭載していること。メモリ/ストレージ構成もメモリが6GBまたは8GB、ストレージが128GBまたは256GB。カメラはアウトが1300万画素でインが800万画素。さらには外付け式のキーボードカバーや、新しいスタイラスペン「M-Pencil」にも対応します。

MatePad Pro 10.8型ディスプレイにパンチホールカメラを搭載

 バッテリーは7360mAhと大型で、しかも他の端末をワイヤレスで充電できるリバースチャージにも対応。いざというときにスマートフォンやウェアラブルデバイスを充電できるモバイルバッテリーにもなるというわけ。

MatePad Pro タブレットの広い背面に他の端末を置いて充電できるのは便利そう

 ディスプレイサイズが10.8型ということで、ライバルは同じペンやキーボードが使える「iPad Pro」、そしてサムスンの「Galaxy Tab S6」でしょう。それぞれのサイズを比べると、ライバル2機種より若干厚みがあります。ただしその分、ハーマンカードンのクアッドスピーカーを搭載しており、AV再生機能にも注力しています。

  • MatePad Pro : 159(幅)246(高さ)×7.2(奥行き)mm
  • iPad Pro(11型) : 178.5(幅)×247.6(高さ)5.9(奥行き)mm
  • Galaxy Tab S6 : 159.5(幅)×244.5(高さ)×5.7(奥行き)mm
MatePad Pro 本体左右に2つずつスピーカーを搭載

 キーボードカバーにコネクターはなく、MatePad Pro本体とはマグネットで接続、キーボードからの入力はBluetoothで行います。キーピッチはこのクラスとしては一般的、キーの押し具合もぐらつきはなくストロークは浅めですが打鍵感を感じられます。長文入力も問題ありません。

MatePad Pro キーボードカバーとはコネクターはなく、マグネットで固定される

 スタイラスペンのM-Pencilは従来の「M Pen」とは別の製品です。本体上部にマグネットで固定して無線充電するのはiPad Proと類似の方式です。六角形の断面で鉛筆に近い形となり、机の上で転がりにくいのでApple Pencilより使いやすそうです。

MatePad Pro 鉛筆の形をしたM-Pencil。断面は六角形
MatePad Pro 本体上部(側面)にマグネットで固着

 M-Pencilはペン先が柔らかい素材になったため書き味がよくなりました。筆圧4096階調に対応しておりディスプレイ上での追従性もよく、ペン先がずれることもありません。キーボードカバーと合わせ、iPad Proと似たような用途に使うことは十分できそう。

MatePad Pro ペン先が柔らかくて書きやすい
MatePad Pro ようやくちゃんと使えるペンになったと感じられる

 スマートフォンの大画面化が進む中で、タブレットには生産性を高めるツールとしての役割が求められています。MediaPad ProはキーボードカバーとM-Pencilの存在でビジネス用途にも十分使うことができるでしょう。日本での展開を期待したいところです。

MatePad Pro ビジネスタブレットとして魅力的な製品

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう