ニュース
» 2018年10月31日 00時20分 公開

新型「iPad Pro」発表 11型と12.9型 ホームボタン廃止でFace ID対応

Appleが新しい「iPad Pro」を発表。11型と12.9型の2モデルを用意。狭額縁デザインになり、Face IDに対応する。

[田中聡,ITmedia]

 Appleが10月30日(現地時間)、米ニューヨークで開催したスペシャルイベントで新型の「iPad Pro」を発表した。11月7日に発売する。

iPad Pro 新しい「iPad Pro」

 ディスプレイサイズは11型(2388×1668ピクセル、264ppi)と12.9型(2732×2048ピクセル、264ppi)の2種類、ストレージ容量は64GB、256GB、512GB、1TBの4種類、カラーはシルバーとスペースグレイの2色を用意する。

 11型モデルの価格(税別、以下同)はWi-Fiモデルが8万9800円(64GB)、10万6800円(256GB)、12万8800円(512GB)、17万2800円(1TB)、Wi-Fi+Cellularモデルが10万6800円(64GB)、12万3800円(256GB)、14万5800円(512GB)、18万9800円(1TB)。

 12.9型モデルの価格はWi-Fiモデルが11万1800円(64GB)、12万8800円(256GB)、15万800円(512GB)、19万4800円(1TB)、Wi-Fi+Cellularモデルが12万8800円(64GB)、14万5800円(256GB)、16万7800円(512GB)、21万1800円(1TB)。

 従来のiPadでは搭載されていたホームボタンが廃止され、より額縁の狭いデザインに変更。iPhone XRと同じく「Liquid Retinaディスプレイ」とAppleは呼んでおり、広色域ディスプレイ(P3)や、最適なホワイトバランスに調整するTrue Toneをサポートする。本体の厚さは5.9mmに抑えた。

 iPhone Xシリーズと同様、前面のTrueDepthカメラを用いた「Face ID」に対応し、縦向きと横向きどちらでも顔認証でロックを解除したり、支払いをしたりできる。画面下部から上にスワイプしてDockを表示する、素早くスワイプしてホームに戻る、画面右上から下スワイプしてコントロールセンターを呼び出す、画面下部を左右にスワイプして起動中のアプリを切り替える、といった操作ができる。

iPad Pro 縦横どちらの向きでも使える「Face ID」

 利用できるApple Pencilは第2世代に進化。iPad Proの右側にマグネットで接続するだけでペアリングやApple Pencilへの充電ができるようになった。Apple Pencilをダブルタップしてツールを(メモアプリでペンから消しゴムなどに)切り替えるといった操作もできる。Apple純正のキーボードとして「Smart Keyboard Folio」も発売する。

iPad Pro Apple PencilがマグネットでiPad Proにくっつく
iPad Pro Smart Keyboard Folio

 プロセッサ「A12X Bionic」には、毎秒5兆の演算処理を行う「Neural Engine」を搭載。グラフィックスパフォーマンスは前モデルから2倍向上したという。新iPad ProはAR(拡張現実)アプリを動かすのに最適なマシンだとAppleはアピールしている。

 外部接続端子にはUSB-Cを採用し、ディスプレイやカメラなどと接続してデータをやりとりできる他、ケーブルで接続したスマートフォンの充電もできる。本体前面には4つのスピーカーを搭載。モバイル通信は「ギガビット級LTE」や、nanoSIM(Apple SIM対応)に加えてeSIMにも対応する。

 サイズは11型が178.5(幅)×247.6(高さ)×5.9(奥行き)mm、12.9型が214.9(幅)×280.6(高さ)×5.9(奥行き)mm。重量は11型はWi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルいずれも468g、12.9型はWi-Fiモデルが631g、Wi-Fi+Cellularモデルが633g。

iPad Pro 背面に1200万画素カメラ、前面に700万画素カメラを搭載
iPad Pro 新型iPad Proの主な特徴
iPad Pro

【更新:2018年10月31日1時10分 詳細や画像を追加しました。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう