ニュース
» 2020年01月22日 18時34分 公開

ドコモ、英会話のリアルタイム自動書き起こしサービス「Otter」日本展開に向けて協業

NTTドコモとAISenseは、英語音声を自動で文字起こしする音声認識AIサービス「Otter」の日本での事業展開に向けた協業を開始。みらい翻訳とも連携し、新たなサービスの開発を進めていく。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、1月22日にAISenseとの協業を発表。英語音声を自動で文字起こしする音声認識AIサービス「Otter」の日本での事業展開に向けて取り組んでいく。

 AISenseが提供するOtterは、スマートフォンで録音した英語音声をリアルタイムにテキスト化するサービス。講演や会議などの長時間や複数人の音声識別に対応し、AIによる精度の高い文字起こしを可能としている。テキスト化された内容のキーワード検索、テキストのタップで聞き直しといった機能も利用でき、レポートや議事録の作成時間削減につなげられるとしている。

 両社は日本国内でのOtterの普及に向けたビジネスモデルを検討し、需要や有用性などについて調査を開始。2020年度から国内企業への導入支援に取り組む予定で、調査の一環として1月8日からベルリッツ・ジャパンが全国に展開するベルリッツ・ランゲージセンターで受講生への「Otter」利用案内を行っている。

 あわせて、機械翻訳サービス「Mirai Translator」を提供するみらい翻訳とも連携し、セキュアな環境での高度な翻訳を行う新サービス開発を推進する。

 1月23日〜1月24日にNTTドコモが開催する「DOCOMO Open House 2020」では、英語のプレゼンテーションをOtterで英語で書き起こし、みらい翻訳とNTTドコモが共同で開発した機械翻訳エンジンでリアルタイムに日本語へ翻訳するデモを実施する。

翻訳イメージ 翻訳イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう