ニュース
» 2020年02月19日 18時45分 公開

ドコモの「Xperia 1」「Xperia 5」がAndroid 10にバージョンアップ 新機能も搭載

NTTドコモが発売した「Xperia 1 SO-03L」「Xperia 5 SO-01M」がAndroid 10にバージョンアップする。同OSの新機能を使えるようになる他、新機能や機能改善などが行われる。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは2月19日、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia 1 SO-03L」「Xperia 5 SO-01M」に対するOSバージョンアップの配信を開始した。両機種ともに、バージョンアップ後のOSは「Android 10」となる。

SO-03L Xperia 1 SO-03L
SO-01M Xperia 5 SO-01M

バージョンアップの概要

 OSバージョンアップをすると、黒基調のユーザーインタフェース(UI)を一括設定する「ダークテーマ」、従来のナビゲーションバーをジェスチャー操作に置き換える「ジェスチャーナビゲーション」、位置情報の取得権限をアプリ起動中に限る機能など、Android 10の新機能を使えるようになる。

ダークモード 黒基調のUIを一括設定する「ダークモード」に対応。有機ELディスプレイを備えるSO-03LやSO-01Mでは消費電力削減効果が大きい
ジェスチャーナビゲーション Android 10の新機能である「ジェスチャーナビゲーション」にも対応(要設定)。なお、SO-03LやSO-01Mでは「Android 4.0〜8.1」「Android 9」仕様のナビゲーションバーも引き続き使える

 その他の主要な新機能や機能改善は以下の通り。なお、※印が付いている項目はSO-03Lのみ(SO-01MはAndroid 9で対応済み)となる。

  • 「Cinema Pro」アプリに「水準器」を追加
  • マルチウィンドウのサイズ変更機能の改善
  • 「電話アプリ」「連絡先アプリ」のアップデート(※)
  • 「設定」のアイコンと一部項目の変更
  • 「ファイル管理」アプリを「ファイル」アプリに差し替え
  • 「スマートコネクティビティ」への対応(※)
  • Bluetoothオーディオの再生品質変更に対応(LDACまたはaptX HD対応機器と接続した場合)
  • 「ワンタッチWi-Fiテザリング」「Androidビーム」の非対応化(OSの仕様)
  • セキュリティパッチの更新(2020年2月1日版)
Cinema Pro Cinema Proアプリには水準器が追加された(補正可能)

バージョンアップ方法

 OSバージョンアップは、端末単体、またはWindows PCまたはMacと接続して行う。

 端末単体で行う場合、更新データはXi(LTE)/FOMA(W-CDMA)ネットワークまたはWi-Fi(無線LAN)経由でダウンロードする。Xi/FOMAネットワーク経由でダウンロードする場合のパケット料金は無料だが、「spモード」の契約が必要となる。所要時間はSO-03Lが約23分、SO-01Mが約21分だが、端末内部のデータ状況によって前後する。

 Windows PCまたはMacと接続して行う場合は、事前にPC/Macに「Xperia Companion」をインストールしておく必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう