速報
» 2020年03月05日 11時01分 公開

iPhoneアプリでプッシュ通知広告が可能に Appleの「App Store Reviewガイドライン」更新で

Appleがアプリ開発者向けガイドライン「App Store Reviewガイドライン」を更新した。これまで禁止されていたプッシュ通知による広告が条件付きで可能になった。占いやデートアプリは品質によっては登録拒否されるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは3月4日(現地時間)、アプリ開発者向けのガイドライン「App Store Reviewガイドライン」を更新した。本稿執筆現在、英語版は更新済みだ。

 この中から、一般ユーザーに関連しそうな2つの変更を紹介する。

プッシュ通知を使った広告が可能に

 従来のガイドラインでは「プッシュ通知を広告、キャンペーン、ダイレクトマーケティング目的、または重要な個人情報や秘密情報を送信するために使用することは許可されません」となっていた4.5.4項が改訂され、ユーザーがアプリからのプロモーション通知をオプトインで有効にすれば、プッシュ通知を広告やダイレクトマーケティングの目的で使えることになった。

 guideline 1 プッシュ通知についての項目が更新された

飽和状態のカテゴリのアプリとして占いとデートアプリを追加

 「4.3 スパム」条項で、「すでに飽和状態のカテゴリ」として、従来の「おなら、げっぷ、懐中電灯、カーマ・スートラ」に「占い」と「デート」が加わり、「これらのアプリの場合、ユニークさや高品質の体験を提供できるものでなければ登録を拒否する」という文言が追加された。

 guideline 2 スパム条項の新版(赤線部分が追加された)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう