ニュース
» 2020年04月08日 12時50分 公開

IIJmioが25歳以下の大容量オプションユーザーに30GB分の「クーポン」を贈呈 新型コロナウイルス対策の一環

インターネットイニシアティブのMVNOサービス「IIJmio」が、新型コロナウイルス対策の一環で、25歳以下のユーザーに対する支援措置を発表。支援対象は、大容量オプションの契約者に限定される。

[井上翔,ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は4月8日から順次、個人向けMVNOサービス「IIJmioモバイルサービス」において、一定の条件を満たした25歳以下のユーザーに、30GB分のクーポン(データ容量)を贈呈する。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、遠隔授業やオンライン授業の利用を支援するための措置となる。

ニュースリリース IIJからのニュースリリース

 このクーポンは、2020年3月までに「データオプション 20GB」(月額3100円)または「データオプション 30GB」(月額5000円)を契約し、4月も継続している25歳以下のユーザーを対象に自動的に付与される。贈呈されているかどうかは、「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」アプリや会員用Webサイトで確認できる。IIJから通知されることはないので注意しよう。

 遠隔授業やオンライン授業に関する通信を巡っては、4月3日付で総務省が通信事業者が加盟する業界団体宛に「新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う学生等の学習に係る通信環境の確保に関する要請」を行っている。IIJは、この要請に応じて対応を行ったものと思われる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう