ドコモの「U15はじめてスマホ割」が“復活” FOMAからの契約変更なども対象に加えて7月22日から提供

» 2020年07月17日 16時10分 公開
[井上翔ITmedia]

 NTTドコモは7月22日から、15歳以下のユーザーを対象に月額料金を割り引くプログラム「U15はじめてスマホ割」を提供する。新規契約の他、一部の契約変更やプラン変更も対象となる。プログラムの提供終了時期は未定だ。

ロゴ U15はじめてスマホ割

プログラムの内容

 U15はじめてスマホ割では、「5Gギガホ」「ギガホ」は月額1500円、「5Gギガライト」「ギガライト」は月額1000円を最大12カ月間割り引く。申し込み日現在において15歳以下で、以下のいずれかの手続きをしたユーザー(契約者または利用者)に自動適用される。

  • 新規契約
  • FOMA(3G)からXi(LTE)または5Gへの契約変更
  • ドコモが指定するXi料金プラン(後述)から5Gへの契約変更
  • ドコモが指定するXi料金プラン(後述)からのプラン変更

 Xiから5Gへの契約変更、またはXi料金プランの変更で適用を受ける場合は、変更前の料金プランが以下のいずれかである必要がある。

  • キッズケータイプラン
  • ケータイプラン
  • カケホーダイプラン(ケータイ)
  • カケホーダイライトプラン(ケータイ)
  • シンプルプラン(ケータイ)

 ただし、U15はじめてスマホ割は同一利用者で1回線限りの適用で、以下の割引とは重畳できない。

  • 5Gギガホ割(U15はじめてスマホ割を優先)
  • ギガホ割(同)
  • はじめてスマホ割(同)
  • ドコモの学割(ドコモの学割を優先)

 また、U15はじめてスマホ割を適用した回線ではギガホ割を申し込めない。

割引内容 割引の概要

対象手続きを増やして“復活”

 当初、ドコモは7月1日からU15はじめてスマホ割を提供する予定だった。

 しかし、新規契約者のみを対象とすることが電気通信事業法に抵触すると総務省から指摘されたことから、いったん提供を見合わせることになった。

 今回改めて発表されたプログラムは、既存のドコモ契約者の一部も対象となるように内容が改められている。

当初のリリース 6月26日時点におけるリリース内容。「新規契約と同時」という条件が、電気通信事業法に抵触する恐れがあった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月28日 更新
  1. “コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」 (2024年05月26日)
  2. 「iPhone 13 mini」販売終了で小型スマホ派はどうすべき? 4つの選択肢を考えた (2023年09月29日)
  3. 日本通信が「ネオキャリア」で実現するサービスとは? 福田社長が語る“音声接続”で広がる可能性 (2024年05月27日)
  4. イオンモバイルのお得度を検証 “大容量を家族でシェア”がお得、ただし損する場合も (2024年05月26日)
  5. KDDIがGoogleメッセージを標準アプリとして採用へ――4000万人の+メッセージユーザーはハシゴを外されたのか (2024年05月26日)
  6. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  7. 「マイナンバー法等の一部改正法」の一部が5月27日付で施行 海外での「マイナンバーカード」発行など、利用者の利便向上を狙う (2024年05月27日)
  8. ハイエンドスマホ「POCO F6 Pro」が6万9980円からの衝撃 “オンライン特化販売”は日本で根付くか (2024年05月25日)
  9. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  10. 本音レビュー:「iPhone 12 mini」から「iPhone 13 mini」に乗り換えて分かったこと (2021年11月08日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年