ソフトバンクの「Pixel 4a」は税込み4万9680円 「トクするサポート+」にも対応Google直販より6780円高

» 2020年08月04日 11時00分 公開
[井上翔ITmedia]

 ソフトバンクは8月20日、Google製のミドルレンジスマートフォン「Pixel 4a」を「ソフトバンク」ブランドから発売する。同社が直営するソフトバンクショップとWeb通販サイト「ソフトバンクオンラインショップ」における販売価格は4万9680円(税込み)で、8月14日10時からソフトバンク取扱店とソフトバンクオンラインショップで販売予約を受け付ける。

Pixel 4a Pixel 4aのパッケージと本体

 ソフトバンクの直営価格は、GoogleのWeb直販「Google Store」における販売価格と比較して6780円高く、SIMロックもかけられている。ただし、SIMロックについては最短で購入当日に解除できる(参考リンク)。

 また、ソフトバンクの分割払い(24回または48回)で購入可能で、48回払いを選択した場合は「トクするサポート+」(月額無料)の対象にもなる。ソフトバンク回線とひも付けてトクするサポート+を契約した場合、25カ月目で端末を返却して「特典A」(分割支払い金の残額免除)を受けると実質2万4840円で購入できることになる。

トクするサポート+ Pixel 4aは、トクするサポート+を適用して購入することが可能。ただし、48回の分割払いで購入する必要がある

 なお、Pixel 4aと同時に発売されるGoogle純正のファブリックケースや「Pixel Buds」も、一部を除くソフトバンクショップや、SB C&Sが運営する「SoftBank SELECTION オンラインショップ」で購入できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月28日 更新
  1. “コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」 (2024年05月26日)
  2. 「iPhone 13 mini」販売終了で小型スマホ派はどうすべき? 4つの選択肢を考えた (2023年09月29日)
  3. 日本通信が「ネオキャリア」で実現するサービスとは? 福田社長が語る“音声接続”で広がる可能性 (2024年05月27日)
  4. イオンモバイルのお得度を検証 “大容量を家族でシェア”がお得、ただし損する場合も (2024年05月26日)
  5. KDDIがGoogleメッセージを標準アプリとして採用へ――4000万人の+メッセージユーザーはハシゴを外されたのか (2024年05月26日)
  6. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  7. 「マイナンバー法等の一部改正法」の一部が5月27日付で施行 海外での「マイナンバーカード」発行など、利用者の利便向上を狙う (2024年05月27日)
  8. ハイエンドスマホ「POCO F6 Pro」が6万9980円からの衝撃 “オンライン特化販売”は日本で根付くか (2024年05月25日)
  9. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  10. 本音レビュー:「iPhone 12 mini」から「iPhone 13 mini」に乗り換えて分かったこと (2021年11月08日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年