BlackBerry、新たなライセンス先と物理キーボード搭載5Gスマートフォン開発

» 2020年08月20日 13時40分 公開
[佐藤由紀子ITmedia]

 往年の物理キーボード搭載スマートフォン「BlackBerry」が5G対応モデルとして復活しそうだ。米新興企業OnwardMobilityは8月19日(現地時間)、BlackBerryからBlackBerryブランドの5G端末を設計、開発、販売する権利を取得したと発表した。

 bb

 OnwardMobilityはBlackBerryおよび中国Foxconn Technology Group傘下のFIH Mobileと5Gモデルの立ち上げで協力していく。欧米の企業ユーザー向けに2021年発売の計画だ。OSがAndroidベースで物理キーボードを搭載し、5G対応ということ以外に今のところスペックなどの説明はない。

 BlackBerryはスマートフォンが普及する以前からキーボード付きの小型情報端末を提供していたが、スマートフォンの台頭で斜陽化し、2016年に端末の自社開発を終了。その後は中国TCL CommunicationがBlackBerryとのライセンスの下、BlackBerryブランドの端末を販売していたが、これも今年の2月にライセンス切れで終了した。

 OnwardMobilityは2019年3月創業のテキサス州オースティンに拠点を置く非公開企業。プロフィールを見ても、これまでに製品やサービスを提供したことはないようだ。CEOのピーター・フランクリン氏はLinkedInによると、数社を立ち上げたアントレプレナーで、かつて米Zyngaに席を置いたこともある。従業員には、BlackBerryやSamsung Telecommunications Americaなどの出身者もいる。

 BlackBerryのジョン・チェンCEOは発表文で「BlackBerryはOnwardMobilityがわれわれのブランドと同等の信頼とセキュリティの高水準を活用するキーボード搭載のBlackBerry 5Gスマートフォンを提供することに興奮している。この端末が提供する企業・政府レベルのセキュリティと生産性を提供できることを嬉しく思う」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  4. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  5. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  6. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  9. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年