今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年09月09日 16時38分 公開

デンソーウェーブらがQRコード改札向けリーダー開発 歩きながらでも通過OK

デンソーウェーブとJR東日本メカトロニクスは、QRコードリーダーの読み取り速度向上と読み取り範囲を拡大させた新たなQRコードリーダーを開発。スマートフォンのディスプレイの表示も紙媒体と同様の処理が可能で、スムーズな自動改札機の通過を実現する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 デンソーウェーブとJR東日本メカトロニクスは、9月7日にQRコードリーダーの読み取り速度向上と読み取り範囲を拡大させた新たなQRコードリーダー開発について発表した。

デンソーウェーブ/JR東日本メカトロニクス 製品イメージ

 両社はQRコードを交通サービスの乗車媒体として利用するため、QRコードリーダーの「読み取り速度向上」と「読み取り範囲拡大」を目的として研究開発。デンソーウェーブ製の組み込み式スキャナー「QB30」と比較して読み取り速度を約1.5倍、読み取り範囲を約2倍とし、スマートフォンのディスプレイに表示したQRコードも紙媒体のQRコードと同等の速度で読み取れる。そのため、歩きながらQRコードをかざした際もスムーズに自動改札機を通過できるという。

デンソーウェーブ/JR東日本メカトロニクス 読み取り範囲イメージ

 サイズは80(幅)×50(高さ)×120(奥行き)mmと、自動改札機に組み込めるサイズへと小型化を実現。通常のQRコードに加え、将来的には機能拡張として公開・非公開情報を1つのQRコードに格納した「SQRC」や、複製防止QRコードにも対応する。今後は製品化に向けて交通事業者各社に対し、鉄道・交通のQRコードを用いた新サービスの利用を提案していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう