速報
» 2020年09月10日 14時38分 公開

Motorolaの縦折りスマホ「razr」2代目は5G対応で1400ドル

Motorolaが縦折りスマホの2代目「razr 5G」を今秋1400ドルで発売する。5Gモデル統合プロセッサ「Snapdragon 765G」搭載で、先代よりカメラやバッテリなどが強化された。

[ITmedia]

 中国Lenovo傘下のMotorola Mobilityは9月9日(米国時間)、縦折りスマートフォン「razr 5G」を発表した。モデル名にあるように5G対応だ。1月に発表した「razr」よりカメラ性能などがアップし、価格は1399.99ドル(約14万8500円)と100ドル安い。

 razr 1 「razr 5G」(Blush Gold)

 プロセッサに米Qualcommの5Gモデム統合「Snapdragon 765G」を採用。メモリは8GB、ストレージは256GBでmicroSDスロットはなし。ロック解除は背面の指紋センサーで行う。先代はセンサーがアゴ(前面のディスプレイの下のスペース)にあった。

 razr 2 背面のロゴ部分が指紋センサー

 カメラが大幅に改善され、アウトカメラは4800万画素、インカメラは200万画素。アウトカメラは、閉じた状態ではインカメラとして使える。

 razr 3 アウトカメラは閉じた状態ならセルフィー撮影用になる

 ディスプレイは、折り畳める内側のディスプレイは6.2型(21.9:9)、外側は2.7型。外側の「クイックビュー」ディスプレイでは時計や通知などの基本情報を表示できる。色はBlush Gold、Poished Graphite、Liquid Mercuryの3色。

 razr 4 左から、Blush Gold、Poished Graphite、Liquid Mercury

 バッテリーは2800mAhで、「電力を大量消費する5Gであっても、充電せずに終日使える」としている。

 米国の他、中国、欧州でもこの秋発売の予定。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう