ニュース
» 2020年09月16日 04時20分 公開

「iOS 14」「iPadOS 14」「watchOS 7」が9月17日(日本時間)配信開始

iPhone/iPod touch、iPadやApple Watch用の新OSが、日本時間の9月17日から配信される。新機能をたくさん搭載していることが特徴だ。

[井上翔,ITmedia]

 Appleは9月16日(米国太平洋夏時間)、「iOS 14」「iPadOS 14」「watchOS 7」の製品版の配信を開始する。時差の関係から、日本では9月17日の深夜から早朝にかけてダウンロードできるようになる。

CEO 新OSの配信開始を告げるティム・クックCEO

iOS 14/iPadOS 14の概要

 iPhoneやiPod touch用のiOS 14と、iPad用のiPadOSの主な新機能は以下の通り。

  • ウィジェット機能の再設計(デザインにの一新、機能改善など)
  • 一部ユーザーインタフェース(UI)のコンパクト化
  • 検索機能の改善
  • 「マップ」アプリの改善(サイクリングルートの提案など)
  • 「メッセージ」アプリの改善
  • 「オフライン翻訳」の実装(日本語を含む一部言語で対応)
  • 「App Clip」(簡易アプリ)への対応
  • 「Safari」や「App Store」におけるプライバシー保護強化
  • ピクチャインピクチャ(PIP)のサポート
  • 「ミー文字」の追加

 iOS 14は「iPhone 6s/6s Plus」以降のiPhoneとiPod touch(第7世代)に対応する。iPadOS 14は第5世代以降のiPad、第4世代以降のiPad mini、第2世代以降のiPad Airと全てのiPad Proで利用できる。

 いずれのOSも、機種によっては新機能の一部を利用できない場合もあるので注意しよう。

App Clip アプリの一部をダウンロードして簡易的に利用できる「App Clip」(画像はiOS 14におけるイメージ)

watchOS 7の概要

 watchOS 7はApple Watch Series 3以降のApple Watchで利用できる。主な新機能は以下の通り。

  • ウォッチフェイス(文字盤)の機能改善
  • 「マップ」アプリの改善(サイクリングルートの提案など)
  • ワークアウトの対応シチュエーションの追加(コアトレーニング、ダンス、機能強化トレーニング、クールダウン)
  • 睡眠記録(スリーピングトラッキング)の実装
  • 手洗い検知の実装

 なお、機種によっては新機能の一部を利用できない場合もあるので注意しよう。

新機能 ユーザーの希望に応える形で睡眠記録を実装

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう