ニュース
» 2020年06月23日 04時20分 公開

Appleが「watchOS 7」を2020年秋に公開 「睡眠記録」や「手洗い検知」に対応

Appleが、開発者向けイベントでApple Watchの新OSを発表。開発者向けプレビュー版を即日公開した。一般ユーザー向けには2020年秋に提供する見通しだ。

[井上翔,ITmedia]

 Appleは6月22日(米国太平洋夏時間)、Apple Watch向けの新OS「watchOS 7」を2020年秋にリリースすることを発表した。iOS 14以降を搭載するiPhone 6s以降のiPhoneとの組みあわせで、Apple Watch Series 3以降のApple Watchに対応する。同OSの開発者向けのプレビューは、同日から公開している。

概要 watchOS 7の概要

ウォッチフェイス

 Apple Watchのウォッチフェイス(文字盤)に表示する「コンプリケーション」について、サードパーティー製アプリでも1画面に複数の要素を表示できるようになる。純正のコンプリケーションにも、大きな文字を表示するものなどが追加される。

 また、カスタマイズしたウォッチフェイスを「メッセージ」「メール」を介して他のユーザーと共有したり、カスタマイズされたApp StoreやWebサイトのリンクから取得したりすることが可能となる。

ウォッチフェイス サードパーティー製アプリのコンプリケーションを複数表示できるようになる他、新しいコンプリケーションも表示できるようになる
シェア WebサイトやApp Storeを介してウォッチフェイスを入手できるようになる。自分でカスタマイズしたウォッチフェイスをシェアすることも可能となる

マップとワークアウト

 「マップ」では、自転車ナビゲーション機能が追加される。自転車では通れない場所を避けてナビゲーションしたり、階段を使う(≒歩いた)方が早く着く場合はそれを知らせたりする機能を備えるという。

 「ワークアウト」では、新たに「コアトレーニング」「ダンス」「機能強化トレーニング」と、運動後の「クールダウン」をサポートする。ダンスはヒップホップ、ラテン、ボリウッド、カーディオダンスに対応しているという。

 なお、ワークアウトなどの活動を測定するアプリの名称は「アクティビティ」から「フィットネス」に改められる。

自転車ナビ マップでは自転車ナビゲーションが可能に
ワークアウト ワークアウトでは、ダンスを含む3つのアクティビティが追加される
フィットネス アクティビティアプリはフィットネスに改称される。これは、iOS(iPhone)側のアプリも同様だ

睡眠記録

 ユーザーからの強い要望に応える形で、「睡眠記録(スリープトラッキング)」機能も追加される。Apple Watchに内蔵された加速度計から微動を検知して、眠っている時間をしっかり捉えられるという。集計結果はグラフや数値で表示されるため、睡眠の改善にも役立つ。

 気になるのはバッテリー持ちだが、就寝予定時間の1時間前にバッテリー残量が少ないことを検知すると「睡眠前に充電を」と促すようになっている他、起床時にも画面にバッテリー残量を表示するように配慮されている。

睡眠トラッキング ユーザーからの要望に応えて睡眠記録機能が搭載される
バッテリー残量表示 起床時の画面にはバッテリー残量を表示する

手洗い検知

 昨今の新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、手洗いを支援する機能も追加される。

 Apple Watchが手洗いの動作をしていると検知すると、自動的に20秒間のカウントダウンタイマーが起動する。20秒より早く手洗いを終えたことを検知すると「もっと洗うように」と促す機能もある。家に帰ったことを検知すると、手を洗うようにリマインドする機能も備える。

手洗い検知 手を洗うように促す機能も備えた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう