ニュース
» 2019年06月04日 03時50分 公開

Appleが「watchOS 6」を2019年秋に公開 単独でのアプリインストールに対応

Appleが、開発者向けイベントでApple Watch Series 1以降を対象とするApple Watchの新OSを発表。開発者向けプレビュー版を即日公開した。一般ユーザー向けには2019年秋に提供する見通しだ。

[井上翔,ITmedia]

 Appleは6月3日(米国太平洋夏時間)、Apple Watch向けの新OS「watchOS 6」を2019年秋にリリースすることを発表した。iOS 13以降を搭載するiPhone 6s以降のiPhoneとの組みあわせで、Apple Watch Series 1以降のApple Watchに対応する。同OSの開発者向けのプレビューは、同日から公開している。

新機能概要 「watchOS 6」の新機能の概要
新機能概要(開発者向け) 「watchOS 6」の新機能の概要(開発者向け)

アプリ:App Store搭載でスタンドアロン動作可能に

 プリインストールアプリとして、新たに「オーディオブック」「ボイスメモ」「計算機」が追加される。計算機には「割り勘」の計算にも対応している。

新アプリ 新しく搭載されるアプリ
割り勘 計算機は割り勘にも対応

 新たに親機(iPhone)を必要としない「スタンドアロンアプリ」にも対応。新搭載の「App Store」アプリを介してサードパーティーアプリをインストールできるようになる。

単独アプリ iPhoneなしでもアプリをインストール可能に
App Store 単独でのアプリインストールに対応することに伴い、watchOSにも「App Store」を搭載
イメージ図 watchOS向けApp Storeのイメージ

ヘルスケア:アクティビティで「トレンド」表示に対応 「耳」の健康にも配慮

 「アクティビティ」アプリでは、90日間、または1年間のアクティビティをまとめて表示できる「トレンド」に対応。歩くペースのチェックなどもできるという。

トレンド アクティビティのトレンド表示に対応

 新たなヘルスケア(健康)要素として、周囲の騒音を計測する「ノイズ」や、生理周期を管理する「サイクルトラッキング」も追加。聴力や女性の健康維持にも便利になる。

ノイズ 周囲の騒音を計測して聴力を守る「ノイズ」
サイクルトラッキング 生理周期を管理することで女性の健康管理を手助けする「サイクルトラッキング」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう