連載
» 2020年10月05日 10時00分 公開

山根康宏の海外モバイル探訪記:透明ボディーの中でファンが回る ゲーミングスマホ「Red Magic 5G透明版」が楽しい

Nubiaが7月1日に「Red Magic 5」の販売を開始、9月3日には冷却効果を高めた「Red Magic 5S」も投入しました。中国ではボディーを透明にしたTransparent(透明)モデルも販売されています。ファンが回るRed Magicだからこそ、透けて見えるデザインがより似合うと思います。

[山根康宏,ITmedia]

 日本に参入する海外メーカーの中で、Nubia(ヌビア)はオンライン販売に特化してゲーミングスマートフォンを展開しています。2020年7月1日に「Red Magic 5」の販売を開始、9月3日には冷却効果を高めた「Red Magic 5S」も投入しました。ゲーミングスマートフォンはASUSやXiaomi傘下のBlack Sharkも日本に製品を投入しています。

 Red Magic 5/5Sのディスプレイは業界最速といえる144Hzのリフレッシュレートを誇ります。本体のパフォーマンスも十分高く、まだ無名とはいえゲーミング用途にスマートフォンを使う人には魅力的な製品といえます。しかも中国ではボディーを透明にしたTransparent(透明)モデルも販売されています。

Red Magic 5G 背面が透明なRed Magic 5G Transparent版

 Red Magic 5は海外では「Red Magic 5G」の名前で販売されています。ディスプレイは6.65型(1080×2340ピクセル)。800万画素のインカメラはディスプレイの上の狭い幅のベゼルに埋め込まれているため、ディスプレイにはノッチがありません。最近はパンチホールデザインのインカメラが増えていますが、全画面表示が必須なゲーミングデバイスだけにディスプレイに穴を空けることをよしとしなかったのでしょう。

Red Magic 5G ディスプレイは6.65型。インカメラのノッチはない

 背面はカメラが中央に配置され、縦のラインの中央にRed Magicの名前、下部にロゴが入ります。Xの文字がデザインされており、本体を横向きに持った時に裏側が映えるようになっています。透明なボディーは上部側に基板などが見え、2つの意味でクールな外観になっています。

Red Magic 5G 透明ボディーの上部は内部が見える

 ちなみに標準版(ブラック)のボディーデザインはこのような形。黒と赤の色のコントラストがゲーミングデバイスらしい感じがします。なおボディーカラーは他にも2パターンがあります。

Red Magic 5G ブラックボディーのRed Magic 5(左)と透明版(右)の比較

 Red Magic 5Gは接点を介して装着する専用の外付けクーラーが別売りされています。本体上部にはスリットがあり、外気を取り込んで強制的に空冷を行います。そのため本体側面も普通のスマートフォンより「マシン」を思わせるデザインになっています。

Red Magic 5G 横持ちするときに下側になる本体左側面のデザイン

 背面に戻ると、中央の「REDMAGIC」の文字は充電中にグリーンに光り、ゲーム中などはレッドに点滅します。派手なライティングが特徴のゲーミングPCのように、ゲーミングスマートフォンも本体が光りまくるのです。

Red Magic 5G 背面の文字部分はLEDライトで光る

 特徴的な背面上部の部分にはQualcommのSnapdragon 865が見えますが、これは本物ではなくダミーでしょう。それでも十分雰囲気を出してくれます。そのプロセッサの反対側にある「気」に見える文字は中国語で「Dao」(重水素)。漢字が加わることで中国の怪しい装置、といったイメージも与えてくれます。そしてその下には円形のファンが見えます。Red Magic 5Gはこのファンを使って左右のスリットから空気を取り入れ、暖気を外へ排出するのです。

Red Magic 5G 背面上部から内部を見る

 ファンは本体を充電中、ゲームプレイ中に強制的に回すことができます。耳を近づけるとファンの回る音が小さいながらも聞こえてきます。本体内には冷却版なども配置されているのですが、空冷という古典的な冷却システムがスマートフォンのプロセッサにも有効なのは驚きです。見た目のためにファンを内蔵しているようにも見えますが、Red Maicは2019年に出した「Red Magic 3」から既に冷却ファンを採用しているのです。

Red Magic 5G ファンを回してみたところ

 なお、本体側面の赤いボタンをスライドさせるとゲーム専用モード「Game Space」を起動できます。UIがゲームマシンそのものになり、画面デザインもスマートフォンとは大きく異なります。

Red Magic 5G Game Spaceを起動。ゲームをまだ登録していないがこれだけを見ても独特の世界観が感じられる

 透明モデルは日本向けには販売されませんが、ゲームをしている姿を人に見せることを意識した本体デザインのモデルだけに、ぜひグローバルにも展開してほしいものです。他のメーカーからも透明ボディーのスマートフォンが出ていますが、ファンが回るRed Magicだからこそ透けて見えるデザインがより似合うと思います。次に出てくる「Red Magic 6」の透明版の登場も期待したいものです。

Red Magic 5G 今後も透明ボディーモデルを出してほしいもの

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう