7.17型の巨大な5Gゲーミングスマホ「Black Shark 3 Pro」が登場 イヤフォンジャックもあり山根康宏の海外モバイル探訪記

» 2020年08月19日 17時36分 公開
[山根康宏ITmedia]

 スマートフォンのディスプレイサイズは年々大型化していますが、7型を超える巨大なディスプレイを搭載したモデルが海外で販売されています。Xiaomi(シャオミ)が出資しているBlack Sharkのゲーミングスマートフォン「Black Shark 3 Pro」です。

Black Shark 3 Pro Xiaomi系のゲーミングスマホ「Black Shark 3 Pro」

 Black Sharkは2020年3月に「Black Shark 3」と「Black Shark 3 Pro」を発表。どちらもSnapdragon 865を採用したハイスペックモデルで、90Hzのリフレッシュレートのディスプレイを搭載しています。上位モデルとなるBlack Shark 3 Proは7.1型のディスプレイを搭載。本体サイズは83.3(幅)×177.8(高さ)×10.1(奥行き)mm、253gとかなり大きく「重戦車級」とも呼べる製品です。なお標準モデルはSnapdragon 865+を搭載した「Black Shark 3S」が7月31日に発表されました。

Black Shark 3 Pro 7.1型のディスプレイを搭載。重戦車と呼ぶにふさわしい存在だ

 背面は中央にロゴである「S」の文字を配置し、上下左右をシンメトリックなデザインに仕上げています。トリプルカメラは三角形の台座の中に収められており、下部側には外部端子を備えます。この端子には18Wの専用充電ケーブルをマグネットで接続可能で、長時間のゲームプレイ中のバッテリー切れを防ぎます。本体左右にゲームパッドを装着するとUSB Type-C端子が隠れてしまうため、背面にあえて端子を別途設けているわけです。

Black Shark 3 Pro 特徴的なデザインの背面。下部側に見える端子は専用充電ケーブルを接続できる

 本体上部には3.5mmイヤフォンジャックを備えます。ゲームユーザーの多くが今でも市販のヘッドフォンを使っていることを考えると、これはいいアイデアといえます。

Black Shark 3 Pro ハイエンドモデルながら3.5mmイヤフォンジャックを搭載

 本体側面はゲーミングスマートフォンでは一般的といえる、左右のトリガーキーを上下に備えます。このキーは他社のゲーミングスマートフォンの多くがソフトキーにしていますが、Black Shark 3 Proは物理的なボタンを搭載。クリック感があるとともにレスポンスも速くゲームの進行を妨げません。

Black Shark 3 Pro 側面は上下にゲーム用の専用キーがー見える。どちらも物理的なキーだ

 その側面の下部(横向きにしたときは右側)にはゲーミングモード「Shark Space」を起動する専用キーを備えます。スライドして緑色(Black Sharkのコーポレートカラー)が見えればスイッチがオンとなります。ゲーミングモードへの切り替えは他社のゲーミングスマートフォンではアプリを起動するものが多いのですが、Black Sharkは物理的なスライドキーを使い、一発でゲーム機へと切り替えができるのです。

Black Shark 3 Pro 側面右側にあるスライドキー。Game Spaceに一発でアクセスできる

 Game Spaceを起動すると、ゲームの選択画面が表示されるゲームモードとなります。またBlack Shark 3 Proのゲーム関連のさまざまな設定も可能です。ディスプレイの細かい感度も調整ができますし、ネットワークの優先利用順位も選べます。

Black Shark 3 Pro Game Spaceから、さまざまなゲーム関連の設定が可能
Black Shark 3 Pro ディスプレイのタッチ感度の細かい調整もできる
Black Shark 3 Pro オンラインゲームをするときは5Gの利用を制御できる。自分の行動する場所が5G圏外のときに活用したい

 スマートフォンとしての性能は、アウトカメラが6400万画素+1300万画素+500万画素のトリプル仕上げ、インカメラも2000万画素と高く、カメラフォンとしても十分使うことができます。バッテリーも5000mAhと大容量なので1日フルに使っても余裕があるでしょう。

Black Shark 3 Pro カメラのスペックも高く、大画面スマホとしても使いたい

 メモリ12GBにストレージ256GBの構成で海外価格は899ドル(約9万4000円)。ゲームに特化した製品ですが、大画面の5Gスマホとして普段使いするのも悪くないですね。日本ではTAKUMI JAPANが前モデル「Black Shark 2」を販売していました。ぜひこのBlack Shark 3 Proも日本市場へ投入してほしいものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月21日 更新
  1. まるでガラケーな「Orbic JOURNEY Pro 4G」が日本上陸 MVNOや家電量販店が7月26日から順次販売 (2024年07月19日)
  2. Google、「Pixel 9 Pro」と「Pixel 9 Pro Fold」を8月13日に発表すると予告 予約限定特典も (2024年07月19日)
  3. 「iOS 18」のパブリックβを試す ホーム画面のカスタマイズ性が大幅に向上、RCSは現時点では非対応か (2024年07月20日)
  4. 「スマホ熱中症」に要注意 絶対にやってはいけないこと/効果的な対策を紹介 (2024年07月20日)
  5. 100円ショップで売っているガジェットが意外と使える(ただしうまく使わないと「安物買いの銭失い」になりがち) (2024年07月20日)
  6. 月額290円からの「HISモバイル」はどれだけお得? データ容量別に比較 気になる通信速度も検証 (2024年07月19日)
  7. AppleのAI戦略発表はなぜ他社より大幅に遅れたのか 「Apple Intelligence」の真価を読み解く (2024年07月19日)
  8. 「Xperia 1 VI」「Xperia 1 V」はどちらが見やすく、持ちやすい? 実機比較で分ったこと (2024年06月27日)
  9. 耳をふさがないヘッドフォン「nwm(ヌーム) ONE」発売 NTTの技術で新たなリスニング体験を提案 (2024年07月19日)
  10. どれを選ぶ? 3万〜5万円台「Redmi Note 13 Pro+ 5G」「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」のスペックを比較する (2024年07月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー